輝く 星 の ターミナル。 輝く星のターミナル

「輝く星のターミナル」見終わりました。

輝く 星 の ターミナル

2020. , ,• 激務と噂される旅客サービスチームへの異動を命じられる。 初日から遅刻したうえ、指導員となったのは入社わずか4ヶ月のスヨン(イ・ジェフン)だった。 ヨルムは無愛想な新入りに指導されるのが気に入らないが、旅行客のトラブルに巻き込まれたところをスヨンに助けられ、1年前の出来事を思い出す。 入社面接の朝、自動車事故の危機から奇跡的に救ってくれたのがスヨンだったのだ。 ヨルムは次第にスヨンに興味を抱き、人との関わりを避けてきたスヨンもまたヨルムのことが気になり始める。 やがて2人は第2ターミナルの勤務になるが、そこにはスヨンの過去を知る因縁のイヌ(イ・ドンゴン)がいた。 キャスト イ・ジェフン イ・スヨン 29歳・男 仁川空港旅客サービスチームの新人職員 カイスト出身の秀才 パイロットが夢だった。 しかし、不慮の事故を受けながら夢を諦めなければならなかった。 チェ・スビン ハン・ヨルム 27歳・女 仁川空港旅客サービスチームの一員 入社1年目 憧れの空港勤務となったがか空回り。 スヨンがかつて助けてもらった人物と気づく。 イ・ドンゴン ソ・イヌ (37歳、男) 旅客サービス運営企画チームのチーム長 柔軟性のあるカリスマ、親和性のあるリーダーシップ、 どんな緊急事態にも慌てず対処して出す男。 処世術に可能であり、臨機応変の達人。 キム・ジス ヤン・ソグン (41歳、女)仁川空港旅客サービスチーム長。 仁川空港に18年目勤務中。 自己管理に徹底して日におけるほどプロ・オブ・ザ・プロ。 キム・ギョンナム オ・デギ(31歳、男) 仁川空港のセキュリティチーム保安チーム隊員。 祖父から父、兄にまで海兵隊を出た一家。 大家族の三兄弟の末っ子。 料理が趣味と、ネコに フラワーアレンジメントや植物を育てるのが好き、文字通り花のような男だ。 しかしそのような彼が隊員のユニフォームを着る瞬間だけ そのすべてを想像もできないほどの完璧な鋼男になる。 イ・スギョン ナ・ヨンジュ(28歳、女) 仁川空港のセキュリティチーム保安チーム隊長 元柔道代表選手 夢に描いた代表に選抜されたが ケガであきらめ警護会社に就職、 最近、空港のセキュリティチームにもたらされた。 無愛想で保守的。 ロウン コ・ウンソブ 仁川空港の係留場運営チームの職員(29歳、男)仁川空港係留場運営チーム 1年目の夏の同期入社。 新入なら涙を1リットルは流すは悪名高い係留運営チームで 虫良く笑顔の天使と呼ばれる湖南省。 アン・サンウ コン・スンチョル(40歳、男) 仁川空港旅客サービスチーム課長。 すべての日に事あるごとに干渉して、ぜひ一言ずつ加える性格。 しかし 時には素晴らしい話術を発揮しチームメイトを助けてくれたりする。 チャン・ヒョンソン クォン・ヒスン 仁川空港旅客サービス先本部長 スタイリッシュなルックスに込められた洗練されたマインドを持った有能な本部長。 ひたすら能力だけ見る。 ついてくる奴だけ連れて行き淘汰される奴は捨てる。 今副社長昇進を目前にしている。 イ・ソンウク チェ・ムジャ 仁川空港のセキュリティチーム長。 仁川空港のセキュリティを担当しているセキュリティチームの隊長。 常に笑っているのが心が分からない。 常に親切だが、その笑いが妙に涼しいのである。 チョン・ジェソン イ・ウテク 仁川空港交通サービスチーム長 ホ・ジミン ホ・ヨンラン 仁川空港の商業施設長 ヤン・チーム長とは犬猿の仲 空港のトレンドを作り出す人。 キム・ウォネ パク・テヒ 係留場運営チーム長 仁川空港の係留場の秩序を握り締めている。 誰よりも係留運営チームを大切に愛する。 ハ・ジウン シ・ジェイン 係留場運営チーム代理 キム・ジュンウォン モ・ジョンフン 統合運営チーム長 空港を密接監視しており、すべての状況を制御する指揮官。 強硬な性格。 パク・ヒョックオン ミスター・チャン 食堂キツネ嫁星の主人、スヨンの支援者 スヨンとの親密な関係である。 韓国の仁川(インチョン)空港で働く主人公たちの視線から描かれる空港の様々な様子と、新入社員のヒロインハン・ヨルム(チェ・スビン)の仕事・ロマンス奮闘ドラマでした。 「明日、君と」でも未来を変えるために奮闘する優しい主人公を演じていますが、このドラマでも気持ちをストレートに伝える役で、常に恋するヒロインへの気遣いや気持ちが伝わり、ドキドキさせられるポイントが予想外に多かったです。 男女間の恋の駆け引きをする意味する「ミルタン」の場面は少なかったけど、純粋な「恋心」が伝わります。 どんなことにも一生懸命で、困った人を見ると助けずにはいられないスヨンは、恋にも仕事にも一途で一所懸命にあるしかない、驚きの秘密を持った人物!彼が隠そうとする秘密が明らかになるにつれ、イ・ドンゴンが演じるソ・イヌとの関係や、イヌとスヨンの過去が明らかになります。 仕事ができる上司役で登場するソ・イヌ(イ・ドンゴン)が、両親の再婚で結ばれた兄弟だったこと。 スヨンの秘密を暴こうとするイヌの姿に、ハラハラする展開まで加わり、「なに?なに?」とみいってしまう魅力まで、始まりから最後まで、楽しめるドラマでした。 スヨンが隠そうとした秘密がなにかが、話の中心でもありますが、その秘密や謎が明らかになった時、スヨンの気持ちが伝わり、もしも自分が同じ立場だったら?と、共感できる部分がたくさんありました。 逆に、自分がスヨンに恋するヒロイン、ヨルムだったら?彼女のように受け入れることができたのだろうか、と考えさせられる。 このドラマがただのラブストーリーではなく、ヒューマンラブストーリーと紹介される理由は、主人公たちのロマンスにプラス、家族や登場する周囲の人々との関係などが、温かく描かれたからだと思いました。 別れと出会いが繰り返される空港を舞台にした作品で、夜空から見る空港は、キラキラしていて、まるで星が立ち寄る場所のように見立てたもので、そんな無数の輝く星の中で、愛する新郎との出会いを待ち続けるキツネの新婦の姿がモチーフになっているようで、苦難を乗り越えハッピーエンドを迎える主人公たちの姿がとてもロマンチックに思えました。 邦題は「輝く星のターミナル」ですが、原題の「キツネ嫁星」で、キツネ嫁ってヒロインのヨルムだけをさすものではなく、逆にヨルムを待つスヨンの姿とも重なり、心が優しくなるドラマでした。 ヒロインを演じたチェ・スビンのキュートな姿も、仕事面でも成長も期待以上によかったですが、やはり、イ・ジェフンが演じる、優しいけどカリスマ性のあるキャラクター、イ・スヨンから目が離せなくなります。 毎日の普通の日常の大切さと、ありのままの自分を愛してくれる相手がいる幸せの意味を知る、ほっこりするドラマが好きな方に、是非お薦めしたい作品です。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の

輝く星のターミナル

輝く 星 の ターミナル

日本ドラマ「はじこい」に嵌りすぎて(いまだロス中。 2018年、10月~のSBS月・火ドラマ。 (韓国原題は、「キツネ嫁星」) 平均視聴率 8.01%。 同時間帯放送は、MBC:『バッドパパ』 KBS:『最高の離婚』。 「バッドパパ」は、平均視聴率2.74%、「最高の離婚」は3.38%で 3つの中では視聴率が1番良かったです。 私は、KNにて毎週視聴しました。 何話かのヒロインの会話に出てくるんだけど・・・ 原題タイトルは、空港を上から見た時のイメージの「キツネ嫁星」。 日本のタイトルのほうが、どんな内容のドラマかがわかりやすいけど いったい誰が考えてるんでしょうかね?(^^:) ドラマ内容はタイトル通り、 空港内で起こるいろんな出来事&恋愛模様・・・です。 だけど、最近の韓国ドラマはそれにプラスして 普通じゃない要素を入れてくるから 別に、それ、要る???な・・・感じ とにかく、このドラマの感想1番は、 チェ・スビンちゃんが、めちゃめちゃ可愛い~ 仁川空港の旅客サービスチームで働く職員役。 今、若手で1番可愛いらしい女優さんだと思うな~。 私なら、彼には惹かれないなぁ (おいっ!^^;) イ・ジェフンが1984年7月4日生の34歳で チェ・スビンちゃんが1994年7月10日生で24歳よ。 10歳差なんだ。 SF9 エスエフナイン 仁川空港勤めでチェ・スビンちゃんと同期入社役! 同期友達な関係で、彼はスビンちゃんに想いを寄せていたけど スビンちゃんは「ただの友達」としか考えてなくて(^^;) でもさ、普通なら、絶対にこっちとくっ付いてると思うわ!!!(笑) 身長も高いのよっ。 (189cm) どう考えても、こちら2人のがお似合いでしょ~! ま、私も顔はそんな好みじゃないけど・・・ イ・ジェフン or ロウンの二択なら、絶対ロウンだな・・・と。 (^^;) だってさ~、 イ・ジェフンの役、余計なプラス設定で 超合金?(ロボットみたいな機械)を足と手に付けてるんだよ。 身体に障害のある設定よ!!! 昔、大事故に遭って、腕と足に機械を埋め込んで生きてる状態で そのせいで、馬鹿力を見せたり、 金属が(磁石のように)腕の部分にくっ付いてしまったり・・・ 無理をすると機械が故障して、体自体も炎症を起こして死に至る・・・な ワケわかんない・・・あり得ない設定を入れてきて それでも、『イ・ジェフンを好き』とか、なかなか言えないと思うのよぉ! ま、イ・ジェフンは、スビンちゃんのお父さんに助けられて 今、生きていられる・・・というエピソードやら、 スビンちゃんが車事故に遭いそうなところを 彼の馬鹿力で間一髪助けてもらった・・・など 彼を好きになれる理由はあったにしても、やはり微妙だよなぁ。 (^^;) そんな・・・あり得ない設定を入れずとも 空港内のいろいろストーリーで、十分だった気がするけどねぇ 後半なんて、イ・ジェフンの体の機械トラブル&炎症話のみで 空港話はまったくなかったし 2番手イ・ドンゴンの役も活かしきれず (悪者たちやお父さんとのこともよくわからないまま?&解決しないまま?) 終わったし。 あり得る??? 何故??? ま、いいけどさ。 (おいっ!笑) こちら2人のサイドストーリーは良かったよ 男性は、「ここに来て抱きしめて」でチャン・ギヨンの兄役だった人。 (俳優:キム・ギョンナム) 「賢い監房生活」にもチョン・ギョンホの弟役で出てたな。 そんな格好良くないし、役者として生きるにはなかなか厳しい?!とか 勝手に思っていたのだけど(余計なお世話。 笑) 今回、空港の保安チーム職員の役柄で出てて・・・ なかなか良いキャラだったし、同僚の女の子(イ・スギョン)との ほのかな恋愛ストーリーも面白かったので キャラによっては恋愛系もイケるんだ!?と思った。 (笑) 良かったね。 (これまた超余計なお世話。 ^^;) ま、いろいろ突っ込み感想を挙げましたが サクサクは見られます! 「浪漫ドクターキム・サブ」の脚本家&「シークレット・ガーデン」の演出家 という最強製作陣が手掛けた作品だそう。 機会あったらどうぞ.

次の

輝く星のターミナルの完全ガイド

輝く 星 の ターミナル

「輝く星のターミナル」ドラマ情報 あらすじ 仁川空港に就職したヨルム(チェ・スビン)は情熱はあるものの不器用な性格で失敗ばかり。 激務と噂される旅客サービスチームへの異動を命じられる。 初日から遅刻したうえ、指導員となったのは入社わずか4ヶ月のスヨン(イ・ジェフン)だった。 ヨルムは無愛想な新入りに指導されるのが気に入らないが、旅行客のトラブルに巻き込まれたところをスヨンに助けられ、1年前の出来事を思い出す。 入社面接の朝、自動車事故の危機から奇跡的に救ってくれたのがスヨンだったのだ。 ヨルムは次第にスヨンに興味を抱き、人との関わりを避けてきたスヨンもまたヨルムのことが気になり始める。 やがて2人は第2ターミナルの勤務になるが、そこにはスヨンの過去を知る因縁のイヌ(イ・ドンゴン)がいた。 みどころ 「シグナル」で注目を集めた若手演技派イ・ジェフンの主演最新作! 日本人にもお馴染みの韓国の玄関口、仁川空港を舞台に旅客サービス部門で働く人々の奮闘とロマンスを温かなタッチで描く。 イ・ジェフンはある事件からパイロットになる夢を諦めた、クールなエリート役に。 彼が右腕に抱える秘密とは…。 チェ・スビン演じる不器用なヒロインに最初はそっけない態度をとりつつ、次第に距離を縮めていきます。 イ・ドンゴンが過去の因縁を抱える上司役で登場。 「家族なのにどうして~ボクらの恋日記~」の脚本家&「シークレット・ガーデン」の演出家という最強製作陣が手がけたことでも話題を集めました。 人気K-POPグループ、SF9のロウンもヒロインに想いを寄せる同僚役で登場する。 愛の足りない2人の男女が、空港という空間で出逢い、日々熾烈な瞬間にぶつかりながらも、色々な経験をしながらお互いの傷を癒し、愛を知っていく物語。 初めから素晴らしい人生などない。 私たちが生きていく中での素晴らしさとは、毎日繰り返される些細な日常の中から、自分たちの価値と幸せを見つけ出すことからくる。 誰かと競って勝つよりも、自分だけの道を探す人。 お互いの違いを受け入れ、お互いの不足を埋める努力をする人。 世界と世界を繋ぎ、人と人を繋ぐ人たち。 end of line その線上にこのような人たちの息が吹き込まれ、胸が熱くなる想いを感じる。 去り、戻り、出逢い、待ち、逃す、を繰り返す… 私たちの人生と同じように、たくさんの旅が広がる場所、その仁川 インチョン 空港の物語だ。 作品詳細• 原題:여우각시별• 韓国放送期間:2018年10月1日〜11月26日• 放送局:SBS• 最高視聴率:10. 話数:全32話• ジャンル:ヒューマンラブストーリー• しかし不慮の事故に合い、夢を諦めなければならなかった。 名門大学カイスト卒業という学歴をもって、仁川 インチョン 空港に入社したスヨンは、他の人たちのように普通に仕事をしながら生活していくことが目標だ。 ただ一日一日、日常を普通に生きていく。 それだけで十分な人生だった。 普通の生活を望んでいると、多くの人たちと常に適当な距離を置く人間になっていた。 自分の秘密がバレないように、いつでも簡単に立ち去ることができるように。 そんなスヨンの人生に、不可抗力な想像もしていなかった女、ハン・ヨルムが現れる。 意図せずヨルムに何度も起こる些細な出来事に巻き込まれていくうちに、ある時、誰に頼まれた訳でもないのに、自然にヨルムに手を貸している自分に気付く。 ヨルムの言うように、彼女との出逢いは運命だったのだろうか? 面倒で、目障りで、煩わしいヨルムのことが…気になりだした。 リュック一つ背負って、自由に世界を歩き回り、パスポートにたくさんの各国のスタンプを集めることがロマン。 なのだが… いわゆる安定した生活を手に入れるために、公企業 国が運営する企業 を目標として、3度目にやっと仁川空港公社に合格する。 やればやる程裏目に出る汚点だらけの女。 全てに最善を尽くし、自分の実力以上の力を出すため、努力して努力して、さらに努力するタイプ。 そんなヨルムの自責の念を、さらに極限まで追い込む人間が現れ、衝突することになる! ヨルムよりたった1ヶ月先に配属されたというだけで、鬱陶しいくらいの先輩風を吹かせる男、それがイ・スヨンだった。 そんな中、ターミナル2の再整備のため、特別運営本部が置かれることになり、ヤン・ソグンチーム長に付いて、ヨルムはT2 ターミナル2 へ行くことになる。 感情が行ったり来たり、混乱し始めるイ・スヨンと一緒に。 深刻な状況を、いい方向に反転させられるウィットな男だ。 世渡り上手、臨機応変の達人である。 上司の気に入るようなソリューションを多様に持ち合わせているイヌは、他の誰よりも早く出世街道を駆け抜けている。 名実相伴い、現実は仁川 インチョン 空港の若い実力者として確立している。 13歳の弟、スヨンに出会ったのは、ソ・イヌが21歳の時。 父が母と離婚したのち、再婚した女性の息子がスヨンだった。 どうしても自立したかった。 親元を離れ自立するための資金を作るため、違法賭博サイトを運営している組織にプログラムを作って渡した。 その過程でスヨンが巻き込まれ、取り返しのつかない事故が起きてしまった。 12年の歳月が流れ、思いもしなかった場所で、再びスヨンと出会った。 ストレートで気前のいい性格。 同じ言葉を2回繰り返して言うのは嫌いで、言葉の意味を理解しない人たちは大嫌いだ。 自己管理が徹底していて、仕事においてはプロ・オブ ザ・プロ。 危機を前にしても堂々としていて、顧客を前にしてもナイスで素敵なワーカーホリック。 いつでも聞こえのいい言葉を並べるソ・イヌのことは、あまり好きではない。 多くの人がイヌを賞賛しているが、ソグンは見抜いていた。 ソ・イヌが誰よりも利己的で、ワガママな人間だということを。

次の