グランデ アメージング アカデミー。 田畑雅宏さん(グランデ監督)

一般社団法人グランデ・アメージングアカデミー山梨 (山梨県北杜市)

グランデ アメージング アカデミー

Amazing Football Academy プレーコンサルティング型 サッカースクールとは サッカーがうまくなるとはどういうことを言うのでしょうか。 学校の勉強では、テストで間違えた部分が、解けるようになるまで復習することが点数アップの基本ですが、サッカーの世界では試合でエラーが起こっても、翌週もこれまでと一緒のトレーニングが繰り返されることが日常茶飯事です。 そういったやり方では、プレーの向上はなかなか見られません。 では、どういう取り組みをすればプレーが向上するのでしょうか。 欧州のトップ選手が個人のプレー向上のために取り組んでいることは、自分自身のプレーの映像を分析し、「得意なプレーをより強化する」「改善の余地のあるプレーを修正する」と、2つに分けたプレー群から、1つか2つを抽出し、一定期間かけて抽出し、プレーの向上に取り組みます。 そして、プレーに改善が見られたら、他の項目に手をつけていくというやり方を行います。 例えば、ドリブルでの突破が得意な選手は、ドリブルのトレーニングをするよりも、ボールを受ける際に前を向けるような身体の向きをどう作るかをトレーニングした方が、結果的に自分のドリブルがより活きることになります。 このように、それぞれの選手のプレーの特徴に合わせて、より効果的なプレーができるためにはどうしたらよいかを映像を撮影した上で、伝えていきます。 Amazing Football Academyでは、スクール生に優先してご案内する「プレーコンサルティング型クリニック」を毎年8月と12月に開催、参加選手にプレーコンサルティングを実施しています。 (別途参加費を頂いております。 〇〇君のプレーを見た評価をお送りします。 ボールを受けてから考えるのではなく、受ける瞬間にはもう前にでていく作業も同時に行っているので、相手にとっては守り辛い選手だと思います。 ゴール前ではどこのスペースに入っていくか、ゴール前でなければ、どの相手に向かっていけば、数的有利ができるのかを把握してプレーすればボールロストが圧倒的に減ると思います。 映像でもあるとおり、ただ、何も考えずにボールを受けた瞬間に前にでていく癖があります。 先に状況を把握し、どの軌道を通っていくか、誰に向かっていくか、それはスペースなのか、相手なのかを明確にすることが大切です。 そうしないとボールロストが増え、監督としては使い辛い選手になります。 また、自分がボールを持ち、運んでいるときに目の前に相手が対峙した際に、ボールを離すタイミングが遅く、いつも相手に引っ掛かります。 今、自分がボールを離すタイミングより、もっと早く離すことを心掛けてください。 最後に自分のプレーでボールを失ったら、100%の力で取り返しにいってください。

次の

本気でプロを目指す選手を募集! グランデアメージングアカデミージュニアユース山梨を開校

グランデ アメージング アカデミー

Amazing Football Academy プレーコンサルティング型 サッカースクールとは サッカーがうまくなるとはどういうことを言うのでしょうか。 学校の勉強では、テストで間違えた部分が、解けるようになるまで復習することが点数アップの基本ですが、サッカーの世界では試合でエラーが起こっても、翌週もこれまでと一緒のトレーニングが繰り返されることが日常茶飯事です。 そういったやり方では、プレーの向上はなかなか見られません。 では、どういう取り組みをすればプレーが向上するのでしょうか。 欧州のトップ選手が個人のプレー向上のために取り組んでいることは、自分自身のプレーの映像を分析し、「得意なプレーをより強化する」「改善の余地のあるプレーを修正する」と、2つに分けたプレー群から、1つか2つを抽出し、一定期間かけて抽出し、プレーの向上に取り組みます。 そして、プレーに改善が見られたら、他の項目に手をつけていくというやり方を行います。 例えば、ドリブルでの突破が得意な選手は、ドリブルのトレーニングをするよりも、ボールを受ける際に前を向けるような身体の向きをどう作るかをトレーニングした方が、結果的に自分のドリブルがより活きることになります。 このように、それぞれの選手のプレーの特徴に合わせて、より効果的なプレーができるためにはどうしたらよいかを映像を撮影した上で、伝えていきます。 Amazing Football Academyでは、スクール生に優先してご案内する「プレーコンサルティング型クリニック」を毎年8月と12月に開催、参加選手にプレーコンサルティングを実施しています。 (別途参加費を頂いております。 〇〇君のプレーを見た評価をお送りします。 ボールを受けてから考えるのではなく、受ける瞬間にはもう前にでていく作業も同時に行っているので、相手にとっては守り辛い選手だと思います。 ゴール前ではどこのスペースに入っていくか、ゴール前でなければ、どの相手に向かっていけば、数的有利ができるのかを把握してプレーすればボールロストが圧倒的に減ると思います。 映像でもあるとおり、ただ、何も考えずにボールを受けた瞬間に前にでていく癖があります。 先に状況を把握し、どの軌道を通っていくか、誰に向かっていくか、それはスペースなのか、相手なのかを明確にすることが大切です。 そうしないとボールロストが増え、監督としては使い辛い選手になります。 また、自分がボールを持ち、運んでいるときに目の前に相手が対峙した際に、ボールを離すタイミングが遅く、いつも相手に引っ掛かります。 今、自分がボールを離すタイミングより、もっと早く離すことを心掛けてください。 最後に自分のプレーでボールを失ったら、100%の力で取り返しにいってください。

次の

【ジュニアユース セレクション】グランデ・アメージングアカデミー山梨(山梨県)

グランデ アメージング アカデミー

・どれだけ試合をイメージした、試合で使えるための練習をしているか。 『あいつがここまで出来るようになってるから俺もがんばろう!!』と、仲間達にどれだけ良い影響を与えてくれたか。 [チームコース]・・・土日に一緒に試合や大会に出るコースです。 [スクールコース]・・・ノザワナFCの練習にだけ参加する、サッカー『塾』のコースです。 4年生》 ・火曜日(19:00〜21:00) ・金曜日(18:00〜21:00) ・土 or 日曜日(試合) (週1-4回選択) 《5. 6年生》 ・水曜日(19:00〜21:00) ・金曜日(18:00〜21:00) ・土 or 日曜日(試合 (週1-4回選択) [活動場所] ・火,水,金曜日:須坂市富士通総合グラウンド(人工芝) ・土,日曜日:様々 [応募方法] NOZAWANA. FC gmail. com 026-405-5145 へご連絡ください。 それを改善していくためには、 ・サッカーの『指導力』の向上 だけでなく、 ・『心理的な側面』と『コミュニケーション能力』の向上… その人の『本当の気持ち』を理解してあげること。 その人の『本当の気持ち』=『主体性』 を引き出してあげること。 が必要なのではないか? と思い、 そういったことを勉強できるスクールやセミナーにいくつか行ってみて、 一番良い!!と思ったところに、スペイン遠征に何回も行ける程の莫大な投資をしました。 笑笑 子ども達のためという目的ではありましたが、気付けば、自分自身の『本当の気持ち』=『主体性』に向き合うこと自体が一番の勉強になっていました。 そして、それが出来ている人ほど『大活躍』していたり、本質的な『成功』をしている人達なんだなと感じました。 これは子どもだけでなく、大人にも言える話しだと思います。 僕は今まで受講しながら、子ども達とその家族の笑顔と幸せのため、と言いながらも、一番は自分の勉強になっているなと感じています。 これからも『目的』でもある、 ・子ども達とその家族とたくさんの人達の『笑顔と幸せ』のため、 そして、クラブ理念でもある 『子ども達が夢を叶える力を身に付ける』 『子ども達が未来を幸せに生きる』 ために、 『サッカーの指導力向上』 と同時に、 『本当の気持ち』=『主体性』を引き出せるプロのコーチとしても磨き続けていきたいと思います!! これからもノザワナFCの代表として、たくさんの人達の笑顔と幸せに貢献していきますのでよろしくお願いします。 5月6日までの3回程度というお願いだった『サッカー能UP!! のための速読トレーニング』も、 休校期間が伸びた子ども達のために、先生のご厚意で今日で6回目でした。 忙しいお仕事の合間に教えてくれる、 ハルキング先生や、メキシコからスペイン語の授業をしてくれているたくやコーチ、こうたろうコーチ、北野先生、遠藤先生、ドバッシー、田中謙吾選手、、 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 子ども達がこの期間にたくさんのカッコいい大人達と携わったこと、 たくさんの大人達がみんなのために協力してくれていること、 子ども達が大人になっても覚えてくれていたら良いなと思います。 そして、そんな風に『社会に貢献できるカッコイイ大人』になってくれたら良いなぁと願います。 ーーーーーー ご案内です! ーーーーーー サッカー能UPのために、ハルキング先生には速読トレーニングの中からいくつか抜粋してトレーニングしていただいておりますが、 そんなハルキング先生の"通常の速読教室"のご案内をさせて頂きます。 創作自主トレです。 ・どれだけ試合をイメージした、試合で使えるための練習をしているか。 高学年と低学年に分ける可能性もあります。 【自主トレについてのご相談】 ・自主トレについてのご相談、ご意見、ご要望をドシドシお待ちしております。 ・コーチに上手くしてもらう ・言われた通りにやる ・練習内容やスケジュールを決めてもらう等々… 「上手くなりたい気持ち」や、 これで良いのか?という「不安な気持ち」… などから、『答え』がほしくなることもあると思います。 (特に、選手だけでなくお父さんお母さんにも当たり前のようにある気持ちかなと思います。 ) だけど、『答え』は、自分の気持ちの中にあります。 『何を本当に望んでるのか?』 『何が本当にしたいのか?』 『本当に本気でそれをやりたいのか?』 から全て始まります。 本気でやりたいことが見付かっていれば、 次に『自分で成長できる力』を身に付けることです。 ) 魚をもらえば食べれば無くなってしまい、 釣り方を身に付ければ自分で何匹でも魚を釣れる。 みんなが『自分を成長させる力』を身に付けるためには、この期間はとても最適だと考えています。 と思ってます。 ・その時に一番大切なことは、、、 《《自分が何を本当に望んでいるか?》》 です。 『本当にしたいこと!!』 『本気でしたいこと!!』 だからこそ、本気で追い求められます。 本当にしたいこと!! 本気でしたいこと!! のために、 『そのためにやるべきこと』 『そのために必要なこと』 を、大切にしてチャレンジしてください。

次の