無間 意味。 無間地獄とは?どういう意味?読み方は?題材にした漫画や映画も

インファナル・アフェアの意味・由来

無間 意味

【識港網訊】電影《無間道》的成功,不但為本地電影製作開拓了《無間道》系列電影,更帶起了中港兩地一系列警匪鬥智鬥力,甚至以潛伏為主題電影的潮流,就連荷里活片場與日本電視台都要加以翻拍,真可說得上是港產片中的經典之作。 自從《無間道》這齣電影上演之後,「無間道」三字從此幾乎成為了臥底的代稱。 雖然電影講述的是警匪雙方臥底之間的明爭暗鬥,不過片名「無間道」一詞原先的意義,其實與臥底並無任何直接的關係。 之所以會用「無間道」一詞作片名,在電影內對此就有所解釋。 電影開始時在火焰與佛像大特寫片段後,便出現了這段文字:「《涅槃經》第十九卷『八大地獄之最,稱為無間地獄,為無間斷遭受大苦之意,故有此名。 』」 在電影終結時又出現「佛曰:『受身無間者永遠不死,壽長乃無間地獄中之大劫。 』」的畫面,這兩段文字正好說明片名是根據佛經內提到的「無間地獄」這一名稱而來。 佛教地獄觀念中共有八大地獄,南宋法雲編撰的《翻譯名義集》內〈地獄篇〉對此解釋謂:「地獄從義立名,謂地下之獄,名為地獄。 」並且舉出八大地獄的名稱: 言八大獄者:一活、二黑繩、三合會、四叫喚、五大叫喚、六熱、七大熱、八阿鼻地獄。 「阿鼻地獄」位於地獄的最底一層,佛經內描述其中有七重鐵城和七層鐵網,七重城內不但有劍林,四周還遍佈七重刀林。 凡犯了殺父殺母之類五逆大罪的人,死後便會被打入這層地獄永不超生。 十三世紀日本絹本著色六道繪阿鼻地獄 圖:《光影中的經典文化》 這層地獄之所以稱之為「無間」,是因為同時兼有五重「無間」的意義在內: 1. 趣果無間——死後即墮入,沒有一刻間隔地直接承受果報。 受苦無間——有苦無樂,其苦不斷。 時無間——無時無刻都要連續受苦。 命無間——一日之間經歷萬死萬生地備受折磨,要不斷面對痛苦。 身形無間——身形遍滿地獄,無空隙可逃避。 因為要遭受上述各種苦痛折磨,故此佛教觀念中墮入「無間地獄」便是最可怕的懲罰。 電影《無間道》以此為片名,便是取其「為無間斷遭受大苦」的意思,用作比喻電影中身為臥底的主角陳永仁(梁朝偉飾),無時無刻都要承受極大的痛苦。 電影《無間道》經典一幕 圖:《無間道》 不過值得注意是,電影借用作比喻的其實是佛教的「無間地獄」,而不是片名所稱的「無間道」。 在佛教觀念中「無間道」與「無間地獄」兩者實質上有不同的涵義。 佛教的「無間道」又稱「無礙道」,是指達到極高層次的一種修行。 「間」即隔開或阻礙,修行到能觀察真理智慧,不為諸惑所阻隔的話,便是到達「無間道」的境界。 在《阿毘達磨雜集論》內便提到: 「無間道」者,謂由此道無間,永斷煩惱,令無所餘。 便是指出修行到「無間」境界的話,即可永遠斷除所有煩惱,一無間隔地進入解脫道,故此稱之為「無間道」。 這種不為諸惑所隔,足以永斷煩惱的修行,因為可以藉此至於涅槃,故此稱之為「道」。 這便是「無間道」在佛學上的具體涵義。 雖然電影《無間道》借用了佛教概念及術語,成功地營造出電影中一份因果報應的宗教意味;而無間地獄的比喻,也易於令人聯想到主角無時無刻都要忍受仿似身入「阿鼻地獄」的痛苦,令整齣電影的悲劇震撼效果得以加強,然而「無間地獄」與「無間道」終究屬於佛學上兩個不同的概念,將兩者輕易混為一談的話,對於一齣經典電影來說,也許就成了白璧中的一點微瑕了。 orangenews. shtml.

次の

インファナル・アフェアの意味・由来

無間 意味

の一つ。 の名号をもっぱらとなえ念ずることは、に堕ちる業因となること。 は「の無間獄」(、287㌻)、「は無間に堕つる」(、322㌻)と仰せである。 日本の開祖は()で、(・・)を根本とする。 来世にに生まれること()を目指し、を[えど]として嫌った。 そしてのを[しょうどうもん]・に、またに分け、はの難行道であるから捨てよ閉じよ閣[さしお]け抛[なげう]て([しゃへいかくほう])といい、のみがので・できる宗であるという邪義を立ててを誹謗した。 これに対し大は、はに堕ちる因となるであると批判された。 はの教えであり、において「四十余年、(四十余年には未だ真実を顕さず)」(29㌻)といわれ、第2では「(にを捨てて)」(144㌻)と説かれているように、のの教えである。 また、のよりどころとされるの菩薩[ほうぞうぼさつ](の修行時の姿)ののうち第十八願には、の名をとなえる者をそのに迎え入れるとあるが、「唯五逆とを除く」と、を誹謗する者は除外されている。 しかも第3では、を誹謗する者はに堕ちると説かれている(199㌻)。 したがってのを謗る者は、から除外されるだけでなく、に堕ちることになる。 故に「」とされたのである。

次の

念仏無間 の内容・解説

無間 意味

の一つ。 の名号をもっぱらとなえ念ずることは、に堕ちる業因となること。 は「の無間獄」(、287㌻)、「は無間に堕つる」(、322㌻)と仰せである。 日本の開祖は()で、(・・)を根本とする。 来世にに生まれること()を目指し、を[えど]として嫌った。 そしてのを[しょうどうもん]・に、またに分け、はの難行道であるから捨てよ閉じよ閣[さしお]け抛[なげう]て([しゃへいかくほう])といい、のみがので・できる宗であるという邪義を立ててを誹謗した。 これに対し大は、はに堕ちる因となるであると批判された。 はの教えであり、において「四十余年、(四十余年には未だ真実を顕さず)」(29㌻)といわれ、第2では「(にを捨てて)」(144㌻)と説かれているように、のの教えである。 また、のよりどころとされるの菩薩[ほうぞうぼさつ](の修行時の姿)ののうち第十八願には、の名をとなえる者をそのに迎え入れるとあるが、「唯五逆とを除く」と、を誹謗する者は除外されている。 しかも第3では、を誹謗する者はに堕ちると説かれている(199㌻)。 したがってのを謗る者は、から除外されるだけでなく、に堕ちることになる。 故に「」とされたのである。

次の