エモーション 意味。 モチベーション(もちべーしょん)とは

「エモーショナル」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

エモーション 意味

「エモーショナル」とは、英語の「emotional」に由来する言葉です。 英英辞書を引くと、「人の感情に作用する」「感動するほど素晴らしい」「 人の性格として 感動しやすい」という意味を表す形容詞として載っています。 日本語での「エモーショナル」は前者2つの意味を引き継ぎ、物に対して使われます。 感動のなかでも燃え上がるような激情ではなく「情緒を持った素晴らしさ」を指します。 「エモい」とは 近年、若者達を中心に「エモい」という言葉を使う人が増えています。 「エモい」は「グロい」や「ナウい」のように、外国語の短縮形を「暑い」「大きい」などの日本語の形容詞風にアレンジした言葉です。 「グロい」はフランス語の「grotesque 奇妙で不気味な雰囲気のある芸術様式 」、「ナウい」は英語の「now 今 」の変化形です。 そして、「エモい」はこの記事の主役である「エモーショナル」から派生した言葉です。 「エモーショナル」の使い方 「エモーショナル」という言葉は、音楽や芸術の作品紹介としてよく使用されています。 「芸術は爆発だ」という言葉もあるように、芸術作品には心に訴えかけてくるようなエッセンスが必要です。 音楽やアートと言ってもその表現はさまざまです。 日本語の「エモーショナル」は、単に「感動的な」という意味より一歩踏み込み、奥からじわじわと沸き上がるような特定の気持ちの揺れを指します。 何を「エモーショナル」だと感じるかは人それぞれですが、ここでは「エモーショナル」を用いた例文として、3つの作品を紹介します。 例文1 イングランド出身のシンガーJames Bluntの代表作「You're beautiful」は、街中でパートナーの男性と一緒にいる女性に一目惚れをし、同時にどうしても叶わない恋だと悟った主人公の密かな失恋の歌です。 しっとりとした曲調で、孤独に何度も「You're beautiful. 」と叫ぶサビにも非常に切ない感情がこもっています。 この曲のように、「エモーショナル」は「切ない」という感情と相性がいい言葉です。 例文2 映画「ブレードランナー」は、フィリップ・K・ディックによるSF小説の金字塔「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作とする作品です。 本作は、感情を持っている「ように振る舞う」アンドロイドと人間の間にある微妙な違和感を1つのテーマにしています。 弱った生き物を痛ましく感じるような、いわゆる「人間くさい」情緒が「エモーショナル」であり、人間を人間足らしめるのだということが描かれています。 例文3 RADWIMPSの野田洋次郎がシンガーのAimerに提供した「蝶々結び」は、お互いへの思い遣りのバランスで成り立つ恋の不安定さを唄った曲です。 歌詞の内容もさることながら、ハスキーで落ち着きつつも静かに燃えるようなAimerの熱唱が心に響きます。 感情を全面に押し出すのではなく、含みのあるニュアンスが「エモーショナル」です。 若者が使う「エモい」の使い方 若者を中心に「エモい」を使う人も増えています。 「エモーショナル」を短縮した言葉ですが、「エモーショナル」がかしこまった雰囲気を持つのに対して「エモい」はより手軽に使われます。 それに対応して、意味そのものもカジュアルになっています。 例文1 ライブのセットリストが非常に優れていた、という意味です。 「エモい」も「エモーショナル」と同じように音楽やアートの感想を述べる際に使うのが最も正統派な用法です。 ライブ全体を通して自分の特に好きな曲ばかりが選曲されていたら、テンションもさらに上がり「エモさ」を感じます。 ライブ後、若者たちはやや興奮気味に「エモい」を使います。 例文2 形容詞の語尾を「み」に変換して名詞形にする言葉も近年広まっている用法です。 「エモみ」と「エモさ」の意味は同じですが、「エモみ」の方が若者感があります。 この例文では、幼馴染と再会して感じた懐かしさや楽しさを「エモみ」で表現しています。 例文3 「エモい」と「エモーショナル」に共通することは、あくまで「自分の」感情を揺さぶるものに対して使う言葉だということです。 「エモい」はこの「自己主張」の意味合いを多く引き継ぎ、自分の趣味、志向を表現する際に使う場面が多いです。 他人が見ても何も感じないが、自分の気持ちを上げてくれるものに対して「エモい」と言います。 自分の「エモーショナル」に素直な仕事探しをするなら「マイナビエージェント」がおすすめです。 あなたの性格を分析し、適切な職種を紹介、転職までをトータルサポートします。 今の職場に合わないと感じたら、本当の自分に戻ってもう一度働き方について考えてみませんか。 音楽やアートの印象が強いですが、ビジネスや日常会話でも「エモーショナル」を使うことができます。 人の感情を重視する内容を伝えたいとき、「エモーショナル」を使いましょう。 例えば、言葉や音楽、写真などで商品を買いたい気持ちを引き出す営業戦略をエモーショナルマーケティングと言います。 また、プロジェクトがあまりにも合理的だと感じた際に「エモーショナルを意識すべき」と発言するといいでしょう。 「アドバンテージ」の意味と使い方 ビジネスにおいて「エモーショナルさ」を引き出すために必要なのが「アドバンテージ」です。 「アドバンテージ」は英語で「一歩進んでいる」「有利な」という意味で、特典などの「プラスアルファ」を連想させます。 取引の際に、「アドバンテージ」があると伝えることで、相手の感情を揺さぶり「エモーショナル」を刺激することができるでしょう。 「イレギュラー」の意味と使い方 「イレギュラー」も感情を刺激する言葉です。 「イレギュラー」は英語で「変則的な」「例外の」という意味で、悪い意味でも良い意味でも使われます。 これは「イレギュラー」なことですが、と伝えると「普段はこうではない」「特別な状態だ」という印象を与え、相手の興味を引くことができます。 このように「イレギュラー」も感情を動かし、「エモーショナルさ」を引き出す言葉です。

次の

「エモい」って、実際どういう意味なの?調査してみた

エモーション 意味

英語: エモーショナル(英: )とは、、なさまを意味する。 英語のは、()に-(〜のをもつ)がついたであり、「な」という意味を指す。 に訳するなら「な」「な」「な」などの語が対応。 ので、歌やを、をしたのことを「」、訳して「」と呼ぶ。 では、をに向を「」と呼ぶこともある。 やので、を、をことをとしたを「エモーショナルライティング」と呼ぶこともある。 ・私は心がえぐられるようなエモーショナルなが ・あのをと、のがエモーショナルなになる。 ・やだけ、のエモーショナルなをちゃんと知りたい。 には「」「」などが挙げられるが、「」はやなもの、「」は涙もろくものを指すときに使われるため、「エモーショナル」は2つのよりもの意味を指す。 としては、「」や「」「」「」などのが挙げられる。

次の

オリパラ東京大会、モットーは「United by Emotion」に 選考委員が込めた思いは...: J

エモーション 意味

「エモーショナル」の意味 「エモーショナル」の意味は「感情をあらわにし情緒に流されること」 「エモーショナル」とは、「感情的になること」を指す言葉ですが、さらに意味を掘り下げるなら「感情に支配され、情緒に流されること」となります。 ある出来事や物事に対し心が動き「感情的になり、情緒を表情や言葉、態度などで表現すること」という意味です。 「エモーショナル」は英語の「emotional」のこと 「エモーショナル」とは英語の「emotional」のことで、一般的には「感情的になる」というニュアンスで使われる言葉です。 「感情」を意味する名詞、または「感動させる」という意味の動詞でもある「emotion」の形容詞系が「emotional」となります。 「エモーショナル」は嬉しい・ 悲しい・怒る・困惑などを表現 「感情」とは人や動物などがものごとにや状況を対象に抱く気持ちのあり方を指す言葉ですが、これには喜びや悲しみ、怒りや憎悪、驚きや恐怖、また諦めの気持ちなど全ての感情が含まれています。 そのため、「エモーショナル」という表現が使える場面は歴然と多いことがわかります。 「エモーショナル」の使い方と例文 「エモーショナル」は音楽や映画で「心にグッとくること」 美しいハーモニーや哀愁を感じるような楽曲を聞いていると、心が落ち着いたりしませんか?または、オーケストラやピアノ協奏曲などハイスピリッツな演奏を耳にすると、胸にジンジンと響いてくることもあるでしょう。 もちろん、感動的な映画シーンでも然りです。 「エモーショナル」を音楽や映画の観点から見てみると、意味は「心にぐっとくる」「心に染みえる」「感情に訴えかけるような」などとなります。 人を愛しく思ったり、言葉にできないやるせない気持ちになることを含め、心が動くような音楽や映画のシーンに対して「この曲(シーン)はとてもエモーショナルである」と言ったりします。 「エモーショナルな人」は「情緒不安定な人」を指す言葉でもある 日常ではもちろん、ビジネスシーンでも思いの他業績を高く評価されたり、高く敷いた目標をクリアできた時は、誰しも感動し喜びをストレートに表現するものです。 一方で、悲しみに遭遇したり、苦しい状況に追い詰められたりした時も、負の感情として「悲しみ」や「落胆」、また「怒り」や「困惑」と言ったものに支配されることもあるでしょう。 基本的に「エモーショナル」という表現は、人がある状況に出逢った時に理性を見失い、感情に身を任せることを意味しています。 そのため、結果的に感情や心情の有り様が「情所不安定」であることを意味する場合も使うことができる言葉です。 「エモーショナル」は感情の抑揚が激しかったり、気持ちのアップダウンが常時ある状況を指す表現としても適切であることを理解しておきましょう。 「エモーショナル」を使った例文• 努力に対して結果が及ばないこともあるが、そこで「エモーショナル」になってはいけない。 「エモーショナル」な気持ちになる前に、心の整理だけしておこう。 人は感情を持つ「エモーショナル」な動物でもある。 「エモーショナル」な彼女は、映画やドラマの感動シーンで必ず涙を流す。 議論や討論で意見が対立しても、決して「エモーショナル」な自分を見せるな。 このシーンと楽曲はとても「エモーショナル」だった。 「エモーショナル」なピアノ協奏曲は、観客を拍手の渦に巻き込んだ。 「エモーショナル」の類語と対義語 「エモーショナル」の類語は「感傷的」や「センチメンタル」など 「エモーショナル」の類語には過度に感情を動かされる様子を指す「感傷的」や「センチメンタル=sentimental)」などがあります。 その他、個人の性格や個性よりも、「感情」によって決定される状況を指す「多情多感」や「心情的」なども類語となるでしょう。 感情的になって涙を流し、感動が広がる状況を「ウェット」と呼ぶこともありますが、やや口語的であるため、公式の場や歴然たるビジネスシーンでは不向きです。 「エモーショナル」の対義語は「ラショナル」や「理性的」 一方「エモーショナル」の対義語になるのは「ラショナル(rational)」つまり「理性的」です。 感情に支配されず、ものごとの道理や「こうあるべき」という概念を先行させる能力を働かせることで、意識的な思考全体を指す言葉となります。 おおむね理性のある人は落ち着きがあり、場合によっては「無感情」とも悟られるような冷静さと強い意思を感じるものです。 ぜひ「エモーショナル」とは対照的な言葉として理解しておきましょう。 まとめ 「エモーショナル」は「情緒が不安定なこと」を含め「感情に支配され、情緒のあるがままに気持ちを表現すること」を意味する言葉です。 喜びや悲しみ、驚きや不安など、人や動物が持つすべての感情に当てはまり、言葉や行動において「感情に流されてしまう」ことを指しています。 たくさんの喜びを分かち合った時、また大切なものを失った時など、人生において人は「エモーショナル」になることは避けられませんが、冷静なシーンを好むビジネスでは「エモーショナル」になることは危険です。 自分を見失わず、出来る限り心を落ち着かせることに集中しましょう。

次の