ソフトバンク お客様 センター。 ソフトバンクお客様センターへの連絡手段をまとめて紹介します!|生活110番ニュース

ソフトバンクの問い合わせ(総合案内)でオペレーターにつなぐ方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト

ソフトバンク お客様 センター

ソフトバンクへの問い合わせ手段は5つある! ソフトバンクへの問い合わせ方法は、 ショップへ行くこと以外に5つの方法があります。 電話 まずは 電話で問い合わせる方法です。 とくにこれといってお伝えする必要はないかとは思いますが、注意点がひとつあります。 それは 電話にはどうしても混みあう時間帯があることです。 その時間帯に電話をかけてしまうと、 担当者が出るまでしばらく待たなければなりません。 急いでいるときに待たされると、少なからずイライラしがちですよね。 しかしこれは仕方ない一面といえます。 最終的には担当者につながるので、辛抱強く待ちましょう。 つながりにくい時間帯は 平日の夕方以降や土日、祝日です。 これについては公式サイトにも記載がありますので問い合わせる前に確認してくださいね。 メール 店頭に出向く余裕がないほど忙しい場合は、 メールが便利です。 便利なこと間違いなしのメールでの問い合わせですが、欠点がひとつあります。 その欠点は、 質問してから回答を得られるまでに時間がかかることです。 時間帯によってはすぐに回答を得られることもありますが、電話と同じように、混雑時間帯ではなかなか回答してもらえないこともあります。 ちなみに、メール問い合わせで 各種変更手続きや契約情報の照会は、 ソフトバンクの携帯電話を利用している場合しかできません。 これからソフトバンクの携帯を契約する場合は手続きできません。 間違えないように気を付けてくださいね。 チャット お次はチャットでの問い合わせ方法について紹介していきます。 チャットでの問い合わせは 営業時間に関係なく24時間いつでも利用可能です。 本人確認を済ませると契約内容や利用料金を確認できます。 このチャットは文字を入力して問い合わせるスタイルではなく、選択式で問題を解決してくれるシステムになっています。 このサービスは基本的にスマートフォンとパソコンから利用可能です。 LINE スマートフォン普及で多くの方が利用しているSNSのひとつであろうLINE。 ソフトバンクでは問い合わせをLINEでできるんです。 ソフトバンクはLINEに公式アカウントを持っています。 そのアカウントを友達登録してMy SoftBankと連携させることで請求額やデータ量を確認できます。 こちらの方法もとても簡単なので、利用しない手はないですね。 加えて 操作方法や設定を映像とナレーションでわかりやすく紹介してくれるため、スマホ初心者にも親切なサービスですね。 さらに、もっと詳しい情報が知りたいときは オペレーターが直接LINEで対応してくれます。 機械的なやり取りだけではなく、直接オペレーターが対応してくれるのは、優しさや温かみを感じますね。 Twitter 最後にご紹介するのはTwitterです。 TwitterもLINEと同じく多くの人に利用されているSNSですよね。 ソフトバンクはTwitterでも質問に答えてくれます。 ただしこの方法は、 土日祝日やその前日は対応までに時間がかかってしまうことがあります。 急ぎで聞きたいことがあるという場合は、問い合わせるタイミングをよく考えて利用するべきでしょう。 さて、ここまで5つの問い合わせ方法を紹介してきました。 やはり電話以外での問い合わせとなると、どうしても対応に時間がかかってしまいがちのようですね。 FAXや手話での問い合わせ窓口もある! ソフトバンクの問い合わせ窓口はこれら以外にも種類があります。 続いては、他の大手キャリアにはないであろうソフトバンク独自の窓口を2つご紹介します。 手話で問い合わせる ソフトバンク渋谷店には 手話カウンターがあります。 その名のとおり、 手話での問い合わせを受け付けているカウンターです。 ここには 手話のできるスタッフがいつもいて、耳の不自由な方でも安心して来店できるようにしています。 また手話ができない方には筆談などでも対応をしてくれます。 ちなみにこの 手話カウンターは渋谷店のみですが、一部の店舗では タブレットを通して遠隔での手話対応が可能な店舗もあります。 遠隔手話対応ショップは下記の通りです。 ソフトバンク仙台クリスロード• ソフトバンク銀座• ソフトバンク表参道• ソフトバンク六本木• ソフトバンク東京駅グランルーフフロント• ソフトバンク万代ラブラ2• ソフトバンク金沢片町• ソフトバンク名古屋• ソフトバンクグランフロント大阪• ソフトバンク広島パルコ• ソフトバンク高松中央 FAXでも問い合わせられる 耳の不自由な方のための問い合わせ方法には FAXでの問い合わせもあります。 専用の問い合わせ用紙は公式サイトからダウンロードできます。 簡単な情報の確認ならMy SoftBank さてここまでソフトバンクの問い合わせ方法5つと、手話やFAXでの問い合わせについて紹介してきました。 ここでは、問い合わせをしなくても自分で疑問を解消できる方法を紹介していきますね。 自力で確認したい場合は、 My SoftBankを利用するのがおすすめです。 My SoftBankとは、パソコンや携帯電話から利用料金の確認や契約内容の確認・変更がおこなえるサービスになります。 また上記以外にも、保有ポイントの確認や迷惑メール対策もおこなえます。 もしかすると問い合わせるよりもMy SoftBankを見るほうが早く問題が解決することもあるかもしれません。 問い合わせる前の確認手段として利用するのもありですね。 まとめ さて、ここまでソフトバンクへの問い合わせ方法について紹介してきました。 基本的な問い合わせ方法は、 電話、メール、チャット、LINE、Twitterの5つです。 また、耳の不自由な方のための問い合わせ方法として、 手話カウンターやFAXでの問い合わせも用意されています。 簡単な利用料金の確認や契約内容の確認・変更などはMy SoftBankからできます。 気になることや聞きたいことが出たときは、これらの方法を活用して問題を解決してくださいね。

次の

コールセンターに繋がらない!ソフトバンク光の問い合わせ窓口を上手に活用する方法 │ ソフトバンク光メディア

ソフトバンク お客様 センター

新たにソフトバンク光を使っていく中で、トラブルや分からないことは必ずと言っていいほど発生してきます。 トラブルとまでは行かなくても、ちょっと質問したいことや契約内容で確認したいことなどが出てきたりもすることでしょう。 そんな時にまずはソフトバンク光のコールセンターに問い合わせますよね。 手っ取り早く、専門のオペレーターに電話で質問したいものです。 しかしながら、 カスタマーサポートへ何度かけてもつながらない・・・! という声が多くあがっているようです。 せっかく新しくインターネットを始めても、コールセンターがつながらなくて使えない・・・なんてことになるようであれば憂鬱ですよね。 ソフトバンク光のお申込みをご検討中の方なども、コールセンターにつながらないなんて不安があると申し込みを躊躇してしまいますよね。 今回はそんな不安を解消するための方法をまとめたコラムです! ひとまずご安心いただきたいのは、ソフトバンク光では電話でのカスタマーサポート以外にも、 より効率的に対応している窓口を複数用意しています。 電話がつながらないからと言ってあきらめる必要はありません! 目次• あのガイダンス聞きすぎてイラつく。 待てど暮らせどオペレーターにつながらない… 本当にコールセンターがあるのか…??というように嘆かれていますね。 なぜこのように言われてしまったのかと言うと大きな理由としては、 話題性の高い割引サービスの提供開始などにより申し込みのお客様が殺到したことがひとつ。 膨大な問い合わせでカスタマーセンターが大混雑してしまったということですね。 加えて当時は「光コラボレーション」自体の加入者数が激増した時期でもあり、ソフトバンク光は通信業界をけん引するソフトバンク社が提供する光コラボレーションということもあり、新規加入者も同時期に急増したのではないかという見方があります。 ソフトバンク光のカスタマーサポート 0800-111-2009 先頭に番号通知の「186」を付け足すと、つながるまでの時間が短縮されるそうです。 ソフトバンク光について電話問い合わせをするときは上記の連絡先を利用することになりますが、注意としては電話をかけても直接オペレーターにつながる訳ではありません。 まずは自動音声での対応となり、お客様IDや電話番号を聞かれます。 まずその時点でちょっと手間をとってしまうというのがあるので、電話問い合わせに抵抗感を感じさせてしまう要因かもしれませんね。 ただ、IDや電話番号は伝えないこともできるので、お急ぎの際は自動音声の入力を省くという手段もアリです。 混雑する曜日や時間を回避せよ ソフトバンクでは、公式サイトに「 コールセンター混雑予想カレンダー」というものを掲示しています。 電話問い合わせをする場合は「コールセンター混雑予想カレンダー」を活用せよ 電話するよりも時短!「チャットサポート」 では、カレンダーを活用してタイミングを見計らったにもかかわらず、 やはりつながらない…と言う場合や、 もはや電話問い合わせが煩わしい!!というような場合の代替案があります。 それが、ソフトバンク公式サイトで実施している 問い合わせ専用のチャットサポートです。 インターネットにつながっていれば誰でもすぐに利用することが出来るのがお手軽。 チャットサポートはPCやスマートフォンによる文字入力で専門オペレーターに質問をすることができて、返答も文字によるもの。 まさにチャット形式で会話が進みます。 質問できる内容は 新規お申込みについて サービス変更について 契約内容や料金の照会 各種設定・接続について です。 電話で問い合わせると待ち時間に10分くらいかかってしまっても、チャットサポートであればチャット画面を開けばすぐに質問を送信することができます。 しかも電話と違う点はオペレーターの返答が遅れたとしてもその間に別のことをして待つことができるというメリットがあるところ。 「文字にしたほうが質問をまとめやすい」と言うような人にもチャットサポートはオススメです。 OS ブラウザ PC Windows:Windows 7 以降• Microsoft Internet Explorer 11 以降• Google Chrome /Mozilla Firefox:最新版 Mac:Mac OS 10. 10以降 Google Chrome /Mozilla Firefox:最新版 スマートフォン Android4. 0 以降 Google Mobile Chrome:最新版 iOS 8 以降 Mobile Safari、Google Mobile Chrome 文字形式の会話のほうが、電話での対話よりもお互い落ち着いてやり取りができるというのも魅力ですね。 チャットサポートならネットを開いて即質問! さらに便利な「LINEトークサポート」 LINEを利用中の方であれば、もっとカンタンで便利な方法があります。 それは、LINEのトーク画面でソフトバンクへの問い合わせが出来るLINEトークサポートです。 LINEトークサポートはソフトバンクの公式アカウントと友だち登録をすることで利用できます。 チャットサポートと違う大きなメリットとしては MySoftbankとの連携が可能というところでしょう。 マイソフトバンクでは毎月の支払額や携帯電話の利用データ量を確認することが出来ますが、LINEと連携すればトーク画面からすぐにそれらの情報を呼び出すことが可能です! 「しつもん」と打てば、専任のオペレーターとのチャットが始まり、分からないことをそのままLINEのトーク画面上で質問することが出来るので、WEB上のチャットサポートよりもまたさらにお手軽に利用できるところが非常に大きな魅力と言えるでしょう。 コールセンターへ電話するならタイミングを把握しておけばスムーズ• チャットサポートならネットを開けばすぐに質問できる• LINEの友だち登録をすればLINEで手軽に質問できる という3通りの方法があることを知っておきましょう! これらさえ知っていれば、いざソフトバンクへ問い合わせをする際もその緊急度に応じて方法を選ぶことが出来ますし、つながらない電話にイライラさせられることもなくなります。 NEXTでは乗り換え相談も承ります インターネットを契約するときに、サポート体制が整っているかどうかというところも重要なポイントとして見ておきたいですよね。 ソフトバンク光ではこれまでご紹介したように充実したサポート体制をとっていますが、それでもなおサポートにつながらない、しっかりとした対応をしてもらえない…。 そんな場合は当社NEXTにて光回線の乗り換え相談を受け付けております。 当社NEXTではお申込みキャンペーンの充実した光回線を多く扱っているため、お客様のご要望に合わせた光回線のご提案が可能です。 ぜひ当社NEXTをご活用ください。

次の

個人のお客さま | ソフトバンク

ソフトバンク お客様 センター

2020年6月4日• 2020年4月16日• 2020年3月5日• 2020年2月17日• 2020年2月7日• 2020年1月31日• 2019年12月16日• 2019年11月26日• 2019年11月15日• 2019年10月15日• 2019年09月25日• 2019年09月11日• 2019年06月28日• 2019年06月20日• 2019年05月30日• 2019年05月08日• 2019年05月08日• 2019年04月08日• 2019年3月25日• 2019年2月18日• 2019年2月12日• 2019年2月08日• 2019年2月05日• 2019年2月01日• 2019年2月01日• 2019年1月31日• 2018年12月19日• 2018年12月05日• 2018年11月14日• 2018年11月09日• 2018年10月12日• 2018年09月21日• 2018年09月21日• 2018年09月13日• 2018年09月11日• 2018年08月21日• 2018年07月23日• 2018年06月27日• 2018年03月30日• 2018年02月09日• 2017年12月14日• 2017年12月08日• 2017年11月02日• 2017年10月24日• 2017年10月18日• 2017年9月19日• 2017年9月15日• 2017年7月24日• 2017年5月26日• 2017年4月18日• 2017年3月24日• 2017年1月10日• 2016年11月28日• 2016年11月16日•

次の