独り言が多い人。 独り言が多い人は病気?職場にいる迷惑な人への対処法のまとめ!

独り言が多い人の対処法「心の声がだだ漏れ」「宇宙と交信中」

独り言が多い人

店内や街中や電車の車内などで大きな声を出したり、何かをぶつぶつ話している障害者の方を私もよく見かけます。 実際に私が接してきた自閉症や発達障害および知的障害の人達も全員ではないですが、独り言をいっている特徴を持つ人が多くいました。 ではなぜ、自閉症などの発達障害の人は独り言を話すことが多いのでしょうか。 色々と調べてまとめてみました。 独り言とは 独り言とは会話の相手がいるわけでもなく、一人で発声したり言葉を喋る行為です。 独り言は通常の人も話しますが、「自閉症」「認知症」「統合失調症」「強迫性障害」などの人に多く見られる行動の一つでも有ります。 独り言は悪いことではありませんが、公共の場などで何度も独り言を話していたり、大きな声で喋っていると周囲から「変な人だな~」というような目で見られる事が有ります。 私の独り言 まず自閉症や発達障害の人の独り言の前に、筆者である私の独り言事情から。 私も気が付くと独り言を口にしている事が多く有ります。 私はどのような理由で独り言をするのか考えてみると、大まかですが次のものに分類されます。 物事の整理や確認しているとき 行動の流れの確認をするときや重要な作業をしているとき、物事のチェックやミスが無いかを確認するときに、独り言でぶつぶつ言うことが有ります。 例えば「今日は~朝の会議から報告書作って~午後は現場~」と一日の仕事の流れを確認したり、「送り先は、何々さん」など宅配便やメールの送り先を確認するときなどです。 気分や感情が高まったとき 気分や感情が高まったときに、ついその時の気持ちを口にしてしまうことが有ります。 この場合は急に仕事を振られたときに「面倒~」「だるい~」とかだったり、イライラしたときなどに「ふざけんなよー」など言ったり、良い事があると「ヨシッ!」と言ってしまったりです。 これはとっさに思い出したことを反射的に口にしてしまう独り言になります。 耳慣れた言葉やフレーズを口にする 意識しているわけではないですが、突発的にや気分がリラックスしているときについ耳慣れた言葉やフレーズを口にしてしまうことが有ります。 よく出る言葉はCMで耳にしたフレーズや、ドラマやアニメの台詞、それと知り合いや親しい人の口癖などです。 これは、お風呂に入ってリラックスしているときに、つい鼻歌を歌ってしまうような感じで言葉がでてしまいます。 自閉症や発達障害者の独り言 本題の自閉症や発達障害の人の独り言ですが、これにも様々な意味が有ると考えられています。 独り言を言ってしまう代表的な理由をまとめてみました。 頭の中で考えていることを口にしてしまう 普通の人は物事を考えるときは頭の中だけで考えます。 しかし、自閉症や発達障害の人の場合、考えていることがそのまま口に出てしまうことが有ります。 この場合の独り言は比較的言葉も意味もハッキリしているので、周りで聞いていれば何を言っているのか理解する事も出来ます。 自分の意思とは別に声が出てしまう 本人の意思とは別に考えていたことが独り言として口に出てしまう事も有ります。 この場合の言葉はその場面に合わないような突拍子もない言葉や、聞き取れない奇声的な事も多いです。 自分の世界のことを話している 実際に接したことがある障害児でゲームやアニメが大好きな子がおり、この子は暇さえあればニコニコと楽しそうに独り言を喋っている子でした。 何を話しているのか聞いても教えてくれませんでしたが、独り言を喋っている時に近くで耳を済ませると、どうやら自分がゲームやアニメの主人公になってその中で活躍している様子を話していました。 このように自分の好きなことや、自分の世界で考えていることを独り言で話している事もあるようです。 気持ちの整理をしている 良い事が有って嬉しいときや、気分が落ち込んでしまったときなどに思っていることを言葉に出して気持ちを整理している場合も有ります。 嬉しいときは嬉しかった事を話したり、テンションが上がって意味の分からない言葉だったり、奇声に近いような言葉を出す事も有ります。 気分が落ち込んでしまったときには「怒られた・・・」「もうだめだ・・・」「何々を壊しちゃった・・・」などネガティブな言葉を話し気持ちを落ち着かせようとする事も有ります。 オウム返し 自閉症の人の特徴に話しかけられた言葉をそのまま繰り返して話してしまう「オウム返し(エコラリア)」というものが有ります。 これは「ご飯食べる?」と聞かれると即座に「ご飯食べる?」と返してしまう「即時エコラリア」と言うものと、以前聞いた言葉などを暫くしてから話す「遅延エコラリア」という2種類のものが有ります。 このうち遅延エコラリアは以前に聞いたアニメの台詞や、テレビのコマーシャル、家族の会話などを時間が立った後に話すことがあり、これが独り言と思われてしまう事も有ります。 アニメなどが好きな子供の場合、アニメの台詞を全部覚えて話している事も有ります。 関連ページ 同じ言葉を繰り返してしまう 自閉症の人は同じ言葉を何度も繰り返してしまうという特徴が有ります。 これは「その言葉が心地よく感じる」「言葉に思い入れがある」「無意識に出てしまう」「言葉で人の反応を楽しみたい」などの理由からです。 詳細は以下のリンク先のページに細かい内容が記載してあるので是非見てみてください。 関連ページ その言葉が心地よく感じる … 独り言のメリット 一見意味の無いような独り言で、出来れば止めさせたいと考えている保護者も多いようですが、独り言にもにもいくつかもメリットが有ります。 言葉の発達 独り言を話す発達障害の子供は、独り言を話さない子供より言葉の発達が良好の場合が多く見られます。 独り言を話しているだけでも、呼吸や口や喉や使い方の練習になったり、単語や言葉での発語の練習にも繋がります。 物事の整理や確認 上部に記した私の独り言にも書きましたが、独り言をいいながら物事の整理や確認をしている事も有ります。 自閉症の子供だとその日のスケジュールを確認するかの様に何度もその日の流れを話したり、その日の給食やテレビ番組など自分の好きなこと何度も独り言で言う事も有ります。 独り言を止めさせる方法 独り言は周囲の人から見ると、意味が分からないしウルサイだけと感じるかも知れません。 ですが、本人の中では意味が有る行動で、これを止められたりするとストレスが溜まったり、別の問題行動やこだわりに発展するかも知れません。 しかし、街中やお店など人の多い場所で意味の分からない独り言を言われたり、大きな声を出されたりすると周囲の人から好奇の目で見られたり、マナー違反になってしまいます。 独り言を止めさせる方法は難しいですが、独り言を言ってもいい場所と駄目な場所を教えたりすることは必要な指導になります。 最初は独り言を止めるのは難しく、注意をされた時だけ止められるということが殆どですが、成長するにつれ独り言が少なくなったり、独り言を言うのを我慢できるようになります。 独り言を言っていい場所と駄目な場所を理解させる 公共の場では独り言は控える、自分の部屋では独り言を言っても良いなどのルールを作ると効果的です。 最初は場所をわきまえるということは難しいですが、何度も指摘するうちに出来るようになる事も有ります。 公共の場などで周りの人の様子を見たり、その場に合った行動を取るというのは自閉症や発達障害者が苦手な事の一つです。 そのため注意する場合には具体的に「皆がいる場所だから静かにしよう」「大きな声を出すと周りの人がうるさく感じるよ」など声をかけてあげると状況を理解しやすくなります。 声を小さくさせる 独り言の声が大きい場合には声を小さくするように促す事も必要です。 声が大きいときにはその都度「声が大きいよ」と声かけをしたり、「シー」「お口チャック」などのジェスチャーや、声を小さくの合図を出して教えてあげる必要が有ります。 また、テレビのリモコンのように「ボリューム1だよ」などの越えかけも、音の大きさという意味で理解しやすい場合も有ります。 声かけやサインだけではなく、「静かに」の絵カードなども市販されているので、絵カードを使った方法が効果的な子供には絵カードやお約束カードを使うと効果的です。 大きい声を小さい声にさせるのも直ぐには治りませんが、何度も指導することで徐々に声のトーンを調整できるようになります。 静かにする時間を決める 時計や時間の概念が有る程度理解できる子供の場合は、時計やタイマーなどを利用し決まった時間の間は静かにするという練習方法も有ります。 最初は短い時間から行い、決まった時間静かにする事ができたらなんらかのご褒美などをあげ、徐々に我慢する時間を長くしていきます。 まとめ 自閉症の独り言にも様々な意味があり、頭の中の考えをまとめて整理をしたり、気持ちを落ち着かせるなど、生活するうえで必要な行動の一つになっている場合が有ります。 独り言自体を止めさせるのは難しいですが、成長し学習をすることで徐々に独り言の声の大きさや頻度を少なくすることが出来るようになります。 しかし、無理に止めさせるとストレスを溜め込んで他の問題行動が出る事もあるので様子を見ながら徐々に指導を行っていく必要が有ります。

次の

独り言が多い人の心理と原因は?病気が原因? | 心理学タイム

独り言が多い人

スポンサーリンク 愛されたがりで構ってちゃんな性質 誰かに構ってほしい、自分が一番愛されたい、チヤホヤされたいという自己顕示欲が強く愛されたがりな人は、構ってほしくて独り言を言います。 このタイプの独り言が多い人は、わざと人前で「はぁ…疲れた…もう生きたくない」なんてネガティブな呟きをしては、周りの反応を伺ってアピールしているのです。 自分の独り言で周りの人が「そんなこと言わないで」と慌ててくれたら満たされますが、構ってもらえないと自分の欲しい反応がもらえるまで呟き続けるでしょう。 孤独を感じやすく寂しがり屋である コミュニケーション能力が低く、人と話すこと、交流することが苦手な場合、孤独や寂しさを癒すために独り言が多くなることがあります。 誰かとお喋りしたいけれど、友達を作るのが下手で話し相手がいない。 だから自分が自分の話し相手になってしまっているのだと考えられます。 思い込みが激しく些細なこともネガティブに捉えやすいので、独り言で自分を癒そうと無意識にぶつぶつ呟いてしまっているのです。 集中力が高く自分の世界に入りやすい 人一倍集中力や想像力が高く、そして自分が興味を持っていることにしか目がいかないせいで、時と場所を問わず自分の世界に入り込んでしまいます。 一度自分の世界に入るとなかなかそこから抜け出そうとはしないかなりのマイペースで、独り言を言っていることを自覚しても、気にも留めません。 このタイプの独り言が多い人は、自分の思考を整理整頓したくてぶつぶつと呟いているところがあるので、例え会社や会議中でも呟いでしまいます。 プライドが高く自分から人を頼れない かなり高いプライドの持ち主であり、自分から周りの人に「助けてほしい、手伝ってほしい」と言えません。 自分から人を頼るのは恥ずかしいことだと思っているからです。 だからわざとらしく困ったフリをしながら「あ~、この仕事どうやるんだっけ?全然わからないな~」など、周りに聞こえる声量で呟きます。 その独り言を聞いて同僚や上司が手を貸してくれるまで待っていますし、最初は皆助けてくれます。 しかし徐々に周りから面倒がられてスルーされやすいタイプです。 自分のしたいことしかしない他力本願 物事に対しての好き嫌いが激しく、そして自分のしたいことや楽な仕事しかしたくない、面倒くさがりな他力本願タイプの独り言が多い人もいます。 自己主張が強く「自分がしたいことだけする、それ以外は他の人に任せる」という性質なので、自分がやりたくないことがあれば、独り言で周りに知らせようとするのです。 小さい頃から甘やかされてわがまま放題に育ってきた場合、このタイプの独り言が多く自己主張をつぶやく事で、正当化させ周知しようとしてる事があります。 スポンサーリンク 精神的に不安定で再確認して安心している 神経過敏で精神的に不安定になりやすい人は、統合失調症などの心の病気が原因で、独り言が多い人になっていることもあります。 統合失調症には妄想、幻聴といった症状があります。 自分にしか聞こえない声が聞こえて、それに受け答えすることが、周りから見れば独り言を言っている人になるのです。 トゥレット障害などの病気の可能性がある トゥレット障害には、咳払いまたは叫び声や奇声を繰り返す「音声チック」という症状があります。 重篤な音声チックの場合、無意識に唸り声など発してしまうのです。 また、汚言症の場合は会社や家、外といった区切りなく、通常だったら理性で抑えるはずの、卑猥な言葉や罵倒語を言ってしまうことがあるのです。 他にもアルツハイマー型認知症など、独り言をぶつぶつ言う症状が出る可能性の高い症状があり、こういった症状に知らぬ間に陥っていることもあります。 独り言やぶつぶつ言うのを抑える対処法 ガムや飴を食べるようにする 独り言をぶつぶつ言ってしまうのを止めるには、「口の中に食べ物が入っているから喋るとそれが口から出てしまう」と強く意識することがおすすめです。 ガムでも飴でもいいのでその場ですぐに食べられる、そしてなるべく長い時間口の中に入れておける食べ物を持ち歩きましょう。 そして電車の中や会社など、周りに人が沢山おり独り言をぶつぶつ言うのを聞かれるとまずいときに、ガムや飴を食べてそれに意識を集中させるのです。 声に出さず紙に書いて耐える 思っていることを独り言としてぶつぶつ言ってしまうのを防ぐには、声に出さずに頭の中のことを紙に書いてしまうという方法があります。 紙がなければスマホでもタブレットでもいいので、メモ帳機能かなにかへ思っていること考えていることを、取りあえず書き出してみましょう。 口に出さずに紙に書く、文字入力をするという癖をつけることで、独り言をぶつぶつ言うのを防げるのです。 場所を見極めて自覚する 「ここは会社だから独り言をぶつぶつ言ったら同僚に迷惑がかかる」、「ここは電車の中だから独り言を言えば変な目で見られる」と場所を認識しましょう。 考え事に捉われやすい人はとくに、人前では自分の思考をシャットダウンして状況を見極めて行動することが大切です。 そして「独り言をぶつぶつ言ったら周りからどう思われるか」を自覚し、独り言を言う癖を抑えましょう。 口に力を入れて意識して閉じておく 人前ではとにかく口に力を入れて閉じる、またはマスクをつけて「絶対に喋らない」という強い意思をもつことで、独り言をぶつぶつ言うのを予防してください。 かなりの荒療治ですが、上下の唇を閉じるように軽くセロテープを貼っておき、その上からマスクをして強制的に独り言を抑えるという方法もあります。 無意識に独り言をぶつぶつ言いそうになっても唇にはセロテープが貼られてあるので、その違和感から「喋ってはいけない」と自覚できるのです。 然るべき機関で検査してもらう 自分の意思に反して独り言をぶつぶつ言ってしまう、汚い言葉や卑猥な言葉ばかり呟いてしまうなど、心配なときは病院で検査を受けましょう。 まだ自分でも気づいていない病気のせいで独り言をぶつぶつ言ってしまっているのかもしれません。 その場合はセルフケアだけでは抑えきれないのです。 検査の結果何もなければその後独り言に注意すればいいのですし、何かあれば医師の的確な指導の元、独り言をぶつぶつ言うのを治せます。 独り言が多い人の心理特徴7つとぶつぶつ言うのを抑える対処法 構って欲しくて周りの反応を伺いつつ独り言でアピール 寂しさや孤独感を癒すためにつぶやいている 自分の世界に深く入り込んだ先で無意識に出ている 自分から頼ったりできず手を貸して欲しくてつぶやく 自己主張の遂行を正当化させたくて独り言を言う 不安感が強くつぶやく事で気持ちを和らげている 理性的な言葉でない時は病気の可能性もある ガムや飴などでつぶやきを抑える 紙やメモで言葉の整理をして自覚してゆく 意識して口を閉じ酷い場合は医師に診てもらう 無意識に独り言をぶつぶつ言ってしまう、そのせいで上司や同僚から変な人だと思われている。 そんな経験があるならすぐ独り言癖を治しましょう。 ストレスに不安感、満たされない心や精神的な病気など、独り言をぶつぶつ言う人にはそれぞれ原因があります。 自分はなぜ独り言を言ってしまうのか、自分の症状や性格などの原因を知ることで、独り言をぶつぶつ言ってしまうことを治せるのです。

次の

やたらと独り言を気にする同僚

独り言が多い人

独り言が多い心理と原因は? 独り言が多い人は、マイペース、不安感が強いなどの性格の特徴があります。 独り言が多い人は自分の考えや行動に不安があると、自分に安心するような言葉を言い聞かせて冷静になろうとする心理があります。 人前で独り言が多いタイプの人は、マイペースの傾向があります。 多くの人は周りに人がいるときに独り言を言うのは恥ずかしいと思いますが、周りに人がいても平気で独り言が言える人は、自分のペースを優先しているため、周りの人のことは考えていません。 また、寂しさから独り言が多くなる人の場合は、独り言を言うことで不安感を消そうとしたり、誰かに自分の存在に気付いてもらいたい心理があります。 独り言が多くなる場面は? 大体の人が独り言が多くなるときは、仕事をしているとき、テレビを観ているときなど、何かに集中しているときです。 集中しているときに独り言が多くなる人は、集中している間に頭の中で色々なことを考えるよりも、独り言を言いながら仕事をすることで、物事を整理しながら効率良く仕事を進めやすくなります。 そのため集中する時間が長いほど、独り言を言い続ける時間も長くなります。 しかし、仕事場が個室でない場合、独り言の多い人がいると他の人の仕事の妨げになってしまう場合があります。 家で独り言が多い原因は? 家で独り言が多い人の場合、仕事やプライベートで何かストレスを抱えていて不満を漏らしたり、スポーツ試合などをテレビで観ているときに独り言が出ることが多いです。 こういった場合の独り言は、ストレスや緊張を発散させるために独り言を言う心理があります。 一人暮らしの場合は、ふと寂しさや孤独を感じたときに、その気持ちを忘れるために独り言が多くなる場合があります。 子供の独り言が多い場合は? 家で子供の独り言が多い場合、テレビを観たりゲームをしたりなど、何かに集中しているときに独り言が多くなるのは自然なことです。 ただし、独り言の言葉にネガティブな表現がある場合は、学校や生活の中で何か本人にしか分からない問題を抱えている場合があります。 そのようなときは、子供に何か最近嫌なことがないか、辛いことはないか尋ねてみることも大切です。 お年寄りの独り言が多い場合は? お年寄りの中には独り言が多い人もいますが、そういったお年寄りの方はマイペースな傾向があります。 お年寄りで独り言が多い方は、日頃の生活の中で何かを確認する時に独り言を言って、間違いがないか確認するようにしています。 もしお年寄りの独り言を聞きたくない場合は、その場から離れるようにするか、耳栓をする、音楽を聴くなどの対策を取るようにしてください。 独り言が多いのは病気? 独り言が多く、本人でも止められない場合は、何らかの精神病の可能性もあります。 独り言が多くなる症状の病気には、うつ病、統合失調症、アルツハイマー型認知症、トゥレット障害などが挙げられます。 独り言が多くなる原因は精神的なものや脳の問題で起こることが多いので、精神科や脳外科を受診する必要があります。 うつ病 うつ病になるとネガティブな表現の独り言が増えたり、行動がだるくなる、頭がぼーっとして上手く回らなくなるなどの症状があります。 うつ病で独り言が多くなる場合、自分の中にある考えや感情を独り言で発散させようとしている心理があります。 うつ病の独り言にはボソボソと独り言を言い続ける場合や、突然叫ぶように独り言を言い始める場合があります。 統合失調症 統合失調症の症状には、幻覚や幻聴、妄想が起こる症状があり、独り言が多くなることもあります。 統合失調症の場合、幻聴と会話している場合があるので、まるで誰かと話しているように独り言を話すことがあります。 アルツハイマー型認知症 アルツハイマー型認知症は、認知症の一般的なタイプです。 アルツハイマー型認知症になると、乱暴な独り言を話すようになったり、語彙が減る、人の区別がつかない、記憶力が低下する症状があります。 アルツハイマー型認知症は60代以降の人がかかりやすい病気で、治療は精神科の他、認知症外来、老年内科などで行われます。 トゥレット障害 トゥレット障害はチックと呼ばれるクセのようなものです。 音声チックの人の場合、意味のない言葉を無意識に話し続けるなどの症状があります。 周りの人からすれば独り言のように聞こえるため、他の人の集中力を妨げたり、迷惑になる場合があります。 汚い言葉を言う人の場合は「汚言症」と呼ばれます。 トゥレット障害やチックは脳の活動異常から起きていると考えられているため、精神科や脳神経科を受診する必要があります。 仕事場で独り言が多い人がうるさいときの対処法は? 仕事場に独り言が多い人がいるときに自分でできる対策としては、耳栓をしたり音楽を聴いて独り言が聞こえなくなるようにすることで、独り言をシャットアウトして仕事を進めやすくなります。 独り言が多い人にガムや飴など長時間口に入るものを渡して食べてもらうことで、独り言を話せなくなり、独り言が減る場合があります。 独り言が多い人は自分が周囲に迷惑をかけていることに気付いていないため、本人に注意しても治らないことがほとんどです。 そのため本人の上司などに相談して、独り言がうるさくて仕事が進められないことを相談することが必要です。 独り言が多い人が近くにいてうるさい場合は、独り言が多い人から離れた席に移動させてもらう、パーテーションをつけるなどの対策を取ると、独り言が多い人からストレスを受けにくくなります。 独り言が多いのはストレスが原因です 独り言の多くは、不安な気持ちやストレスを発散するためのものです。 独り言は無理して我慢する必要はありませんが、職場などの公共の場では独り言を言い続けると迷惑になりやすく、不審な目で見られてしまうこともあります。 自分で独り言を止められない場合は、ただのクセではなく精神的なものが関係している場合もありますので、精神科や脳神経外科を受診することも対処法の一つです。

次の