大砲 モロコシ。 武器/大砲モロコシ

MHXX:大砲モロコシ:ガンランスのデータ|【MHXX】モンハンダブルクロスの攻略広場

大砲 モロコシ

近年ポッケ村などで栽培されるようになった特大サイズのトウモロコシ。 本来であればポッケ村周辺の地域での栽培は難しいとされている。 黄の種を農場に植えて収穫すると入手できる事がある。 これ以外の入手方は無く、入手確率は低め。 特殊な薬液で固めて内部をくり抜き、砲撃機構を搭載すればへと変身する。 しかしそれ以外の用途は皆無であり、必要以上に手に入れば即座に売却されゆく運命。 植物系の素材の中では取引価格は高いが、黄の種自体が210zと割と高値であり、 入手が不安定な点も含めて資金源としては少々運用しにくい。 食用にもなるらしい。 実がぎっしりと詰まっており食べ応えがありそうだが、ハンターは食べる機会が無い。 登場する時期がもっと早ければアイテムとしても活躍したかもしれない。 その後長らく出番がなかったが、MH3Gで復活。 こちらの地方でも栽培は難しいのか、今作では農場で栽培、入手する事自体が不可能。 希少特産品の交易のみでの入手となっているため、MHP2Gの時より入手難易度が上がっている。 MH4 G では再び入手できなくなったが、MHXにて三度復活。 今作では懐かしいアイテムがいろいろと復活しており、新たな使い道が見出された素材も多いが、 オオモロコシは相も変わらず砲モロコシ系統専用の素材である。 今作では『エレクトリカル・バトル』というクエストのクリア報酬でのみ入手できるので、 砲モロコシが欲しければ当クエストを回す以外に手段は無い。 ちなみにこのクエストの依頼主はモガの村の農場長。 そしてその農場長のセリフによれば、貰えるオオモロコシはどうやら モガの農場で採れたものらしい。 かつては栽培できなかった作物が栽培できるようになったのは、 技術的な発展か、それとも環境の変化によるものか。 「 オオきな トウモロコシ」で オオモロコシと呼ばれている訳だが、 「モロコシ」という植物は 別に存在するため、考えてみると結構ややこしい名前の植物 アイテム である。 モロコシも、トウモロコシも、伝来した「外国の穀物」に対する総称だったのである。 糖蜜に利用されたり、シロップにされたり、ビスケットになったり、ビールが作れたりと、 海外では結構メジャーな植物なので混同されそうな気がしないでもない。 ハンターに馴染み易いようにそう呼ばているだけで、他所では別の呼び方があるのだろうか? ジャイアントコーン? 現実にそういう品種のトウモロコシ もあるからダメです。

次の

砲モロコシ

大砲 モロコシ

MHP2G• 上記の通り外観はどう見てもだが、 それは仮の姿。 その正体は 圧倒的砲撃威力を秘めた対祖龍決戦兵器である。 基本とはさほど優秀とは言えないが、なんと 全ガンランス中唯一の 拡散型砲撃LV5を持つ。 メインで立ち回るなら間違いなく最強のガンランスなのである。 「砲術王」発動中の拡散型砲撃LV5は、 一発一発がに匹敵する威力… と書くとそのヤバさが伝わるだろうか。 飛竜種のなど、は堅いが耐久力自体は低い部位に滅法強く、 ミラバルカンやミラルーツの殺しともいえる硬化も無視して爆殺できる。 「」「」「」「」などのスキルにより、 更にポテンシャルを高めることができる。 しかも この武器自体に装飾品スロットが3つもあるため、防具に合わせて改造する事もできる。 流石に同ランクのガンランスと比べると攻撃力や斬れ味は低いが、そこまで優遇されると 同様になってしまうため、仕方ないところだろう。 本気でに挑むハンターからの採用率は高い。 それほどの性能を誇るという証である。 もちろんハンター側は討伐のために大真面目で採用しているのだが、 こんな珍妙な見た目の武器に葬られる祖龍の方は何ともやるせない気分だろう。 超威力の砲撃はにも高い適正を持つ。 なしでも砲撃数発で邪魔な岩をポンポン消し飛ばせるのは壮観。 「大砲モロコシでを放つとポップコーンが出る」という都市伝説がある。 無論、であり、出てくるのは 爆炎と浪漫と気の抜けた音である。 しかし、その気の抜けた音と共に発射されるのは ガンランス最強威力を誇る拡散型LV5砲撃。 色々な意味で凄まじい武器である。 MH3G• MH3ではガンランスが登場せず、 MHP3ではに取って代わられたため、実質MHP2Gのみの出演だったのだが、 遂にMH3Gで待望の復活を果たした。 初登場時のインパクトと性能から流石に弱体化されるだろう…との大方の予想を覆し、 最大の強みであった 拡散型砲撃LV5は相変わらず健在。 MHP3から導入されたのおかげでストレスフリーで砲撃を連発できるようになり、 「」を発動すると 今作のバランスブレイカーと名高いが 500も付加される。 この属性値、覚醒で620 全爆破武器中最高値 の爆破属性が付く大剣「」の次に高い。 これもやはり、 農業に対する爆発的な想いがなせる業なのだろうか? しかし、武器自体の攻撃力は相変わらず低めであり、砲撃では爆破の属性値が蓄積しないので、 砲撃メインの戦闘では従来通りの性能を発揮するものの、 爆破属性を活かすには、砲撃よりダメージが落ちるのを覚悟して突きメインの戦いをせねばならない。 加えて、覚醒を発動させる為には砲術や、などの ガンランスとのいいスキルを削る覚悟も時には必要となる。 つまるところ、良く言えば使い手の腕次第で突きと砲撃の両面で活躍できる武器、 悪く言えばかえって器用貧乏な武器となってしまったといえる。 砲撃の方向調整ついでに各種突き攻撃を当てて、おまけで爆破を狙うのが妥当なところだろうか? MH3Gでは3つあったスロット数は1つに減らされ、拡散型LV5のガンランスが登場したため、 過去作に比べると相対的な価値が下がっている。 それでも高威力の砲撃と爆破の力を持った本武器は、使いこなせばその実力を存分に発揮してくれる。 ゆえに、今日も誰かが巨大なモロコシから浪漫を放っているのである。 麦わら帽子を片手に。 性能は以上の如し。 結論から言うと、 遂に大幅な弱体化を食らった。 致命的なのが アイデンティティであった威力最強の拡散砲撃がLV4に落ちてしまったこと。 砲撃全振りとも言えるデザインだっただけに、この調整は非常に痛い。 覚醒で現れる爆破属性値こそMH3Gから据え置きだが、 爆破属性自体に調整が入った今作では些か物足りない数値。 強化点として攻撃力は多少底上げされたが、元が低すぎるため焼け石に水と言ったところ。 そもそも砲撃メインのガンスであるモロコシに攻撃力は求められていないので、 上昇値を抜きにしても殆ど恩恵がない調整となっている。 そして最凶最悪の仇敵がミララース武器、。 覚醒無しでモロコシを上回る属性値を誇るばかりかモロコシが失った 拡散型LV5も引っさげ、 オマケとばかりに攻撃力から会心率、斬れ味に至るまで悉く大砲モロコシを上回る怪物的な性能で 砲モロコシ系統の立場を完膚なきまでに叩き潰した。 この紅焔龍武器、ネタ武器を相手に本気出しすぎである。 対ミラ系兵装として独自の地位を築き上げていたMHP2Gでの栄光は何処へやら、 ほぼ下位互換としてミラ系武器に足蹴にされることになったモロコシの悲哀は察するに余りある。 生産時のダイミョウコインが曲者で、要求数が多いのもそうなのだが、 このダイミョウコイン、この砲モロコシとアイルーヘアバンドXのたったの2つしか用途が無い。 更に4Gで追加された 上位のダイミョウザザミをクリアする必要がある為、 4からの引き継ぎ組には復活したことにすら気付かれないことも珍しくない。 この通り、今作では作成素材や性能を含め 完全なるネタ武器と化した。 今作ではMHP2G以来、実に6年ぶりとなる祖龍復活が叶ったが、 モロコシを担いで祖龍討伐に赴くハンターはまず見られないだろう。 祖龍自身も大幅なリニューアルを遂げて砲撃のマトを卒業したので尚更である。 攻撃力 属性 会心率 斬れ味 砲撃 スロット 150 通例通り2. 拡散型LV4こそ据え置きだが、攻撃力は過去作よりも更に低くなっている。 しかも覚醒削除の煽りを受けて爆破属性まで取り上げられてしまった。 その上、拡散型LV4のライバルは一気に増加。 青は短いが驚異の3スロと40高い攻撃力のをはじめ、 会心率マイナスながら雷属性と長い青ゲージ持ちの、 雷属性と防御ボーナスがつく、 青ゲージがないがその分業物いらずの長い緑ゲージに高攻撃力と高い鈍器適正を持ち、 会心率と防御にオマケもつく新入りの二つ名武器、とライバルが非常に強力。 とか言う噛ませもいるけど。 そして本作ではシステムによって、 「砲撃オンリー」の立ち回りはオーバーヒートを意識する必要が出てくるようになった。 突きオンリー戦法よりはマシだが、竜撃砲を放つタイミングには注意しないといけない。 残念ながら爆破属性までは取り戻せなかったが、本作では素の砲撃威力がUPしているため、 当武器の持ち味を最大限発揮することが出来るようになったと言える。 ただ、これらはいずれもゲージ長が短く、波動砲モロコシは素で長めの白ゲージがあるため扱いやすい。 当武器と同等の白ゲージと攻撃力を持つ拡散型LV5ガンランスとしては、 ボルティックワークスの強化版である極・電撃銃槍が挙げられる。 例によって雷属性と防御ボーナスを持つが、こちらはスロットがない。 どうにか差別化が図れるレベルにはなったと言えるだろう。 究極強化にはラスボスの素材を使うものの、 全般的にそこまで厄介なレア素材は要求されないのも利点といえる。 元ネタは言うまでもなく某宇宙戦艦の決戦兵器だろう。 に便乗したのだろうか。 男性ハンター、特にファンならば是非を着込み、コレを担いで エネルギー充填!! ……したいところだが、生憎ジエン・モーランは素材すら登場しない。 と掛けて 拡散型の砲撃でを撃ってもいいかもしれない。 MHF• MHF-G8にてとして実装された。 モンスターの素材は使わず、 「ハリセンネコのきんぴか小判G」などで入手できるフロンティアポイントを用いて生産する。 性質としてはいわゆるに該当するものとなっている。 ちなみに遷悠武器では初となる、MHP2Gからの導入武器であると言える。 最終強化時の攻撃力は1081と、MHFのG級ガンランスの中ではかなり控えめなものとなっている。 ただし 斬れ味ゲージが面白いこと になっているが。 砲撃は拡散型LV6。 遷悠武器はG級ハンターであれば「」を装飾品スロットに焼き付けられるため、 装飾品スロットを使えば 砲撃LV9にすることができる。 ただしその方向性で強化した場合、装飾品スロットを消費するためスキルの柔軟性はやや欠ける。 なおMHFは10月のブラキディオス実装と共に爆破属性が導入されたが、 それよりも先に実装されたこの武器には爆破属性が付いていない。 後のアップデートで属性が変更されるという前例はが、 本家においても爆破属性が発現するのは覚醒ありきなので、無属性武器のままとなった。 砲撃を駆使して立ち回りたいものである。 ちなみにMHP2GとMH3Gで砲撃や竜撃砲の発砲音が異なり、 MH3Gではサイレンサーがついているかのように控えめな音になっている。 ガンランスとトウモロコシに何の関係があるの? と思った人は多いだろうが、 実はポップコーンを生成する上で好都合なトウモロコシは 爆裂種と呼ばれている。 簡潔に言うと爆裂種は他の種より表皮が固く、水蒸気を相当量貯めることができる。 そして膨張した時勢い良く弾け飛び、よく知られるポップコーンの形と風味になる。 普通の種だと単に黒焦げになるだけだそうだ。 この性質と名称で浪漫派に目をつけられたのは必然であろう。 ランスやガンランスはその武器の元となる素材を束ねる等してからに浸して硬度を高め、 それを研磨する事であの槍の鋭さと盾の硬度を生みだすのが主流らしい。 では砲モロコシや大砲モロコシはどうなのだろうか? 答えは他のランス等と同じである。 つまり本体は固められた オオモロコシそのものなのである。 一方、盾は本物の特大麦わら帽子を同じ薬液に浸して固めた代物。 しかし侮ること無かれ。 その一見するとただのでかい夏の風物詩は、 を付けるだけでほぼあらゆる攻撃を凌ぎ切る 史上最強の麦わら帽子なのだ。 現実世界にも、圧縮したトウモロコシの軸をくり抜いて作る「コーンパイプ」という喫煙具が存在する。 歴史の教科書でマッカーサー元帥が咥えてたアレである。 他種のパイプに比べ非常に安価(1000円程度)だが、 材質が材質故に耐久性は低く、専ら消耗品として用いられる事がほとんど。 当たり前だが、ガンランスの爆発に耐えられるような代物ではない。

次の

武器/竹銃槍

大砲 モロコシ

ある工房の職人が竹を素材として 戯れで作ってみたガンランス。 素材の特性上、他のガンランスと比べてやや小型で細い。 しかし侮るなかれ、砲撃機構をはじめとしたガンランスとしての機能はしっかり完備しており、 大型モンスターが相手でも十分戦える 立派な武器である。 この説明に違和感を覚えたあなたは間違っていない。 MHXでは竹銃槍【シシオドシ】の説明文が新しくなっている。 戯れも過ぎれば偉業となる。 職人の遊び心が生みだした、竹銃槍【トリオドシ】最終版。 最初に作成できる竹銃槍【トリオドシ】の必要素材は ドリンクチケット2枚、ユクモの木3個、火薬草10個、なめらかな皮2枚と2100ゼニー。 外見はどう見ても竹槍 折り畳み式。 盾は竹で編んだザル。 見かけのインパクトというか、貧相すぎて使えるのか不安になる形状をしている。 ちなみに攻撃すると 鹿威 ししおど しの音がし、竜撃砲を撃つと 尖端が裂ける。 裂けている間が放熱中なのだが、何故か放熱が終わると 自己再生するのか元に戻る。 この竹、実はにも劣らない存在なのでは… もいることだし。 その見た目と音を賞賛する人間と、どうにかしてくれ! と嘆く人間とで真っ二つに分かれる。 らしい MH4G• MH4Gにてまさかの再登場を果たす。 今回はで入手できるユクモチケットがキー素材。 最終強化はMHP3の時と同じく竹銃槍【タツオドシ】。 今作では初期段階の【トリオドシ】、第二段階の【シシオドシ】でそれぞれ上位・G級ババコンガ亜種素材を使用し、 最終強化でモノブロス亜種の素材を使うG級装備である。 そして、G級へと対応したその性能は…• G級ガンランスとしては高くない攻撃力575• 属性は覚醒が必要だが十分な 水440• 砲撃タイプは同じく拡散、しかし砲撃レベルはG級最終強化でもMHP3と同じ4止まり• 拡張性の高さが光るスロット3 となっている。 同じく復活した大砲モロコシはMH3G準拠の性能になっているため、 スロット3の拡散ガンランスの立場を奪い合うことはない…のだが…。 MH4Gの拡散ガンスにはティガレックス希少種のやラージャンのといった、 紫ゲージを持つ 強力な物理性能を備えた砲撃Lv5を持つ拡散ガンランスが存在するため、 砲撃のみで戦いその砲撃もLv4止まりな上に斬れ味を伸ばしても白ゲージすら出現しない竹槍には、 ネタとしての立ち位置しか与えられていないだろう。 あちらは素で白ゲージを持ち、攻撃力もこちらを上回っているためやはり竹銃槍の出番はなさそうだ。 「ならば覚醒させて水属性ガンスとしてなら…」と思いきや、 今度は 攻撃力552、属性値530、拡散型Lv4、斬れ味紫のに木っ端微塵にされてしまう。 一応、そちらには1つも無いスロットが3つも空いているという長所はあるが、覚醒必須な時点でチャラである。 MHX• 今作でも続投。 ただし覚醒スキルが無くなったため無属性になった。 足湯チケットを使って生産できるのだが、この時点での性能はもう酷いというレベルを通り越している。 かなり低い攻撃力80はいつも通りとしても、 黄色ゲージ20という有り得ない斬れ味なのだ。 しかもご存じのとおりこのガンランスは拡散型。 1発で斬れ味が3も消し飛ぶため、たった数発の砲撃で斬れ味が落ちてしまう。 これでは実践投入なんてまるっきり不可能といっても過言ではない。 最終強化は竹銃槍【シシオドシ】。 低めの攻撃力170、 頼りなさすぎる緑ゲージ、スロット3、そして 拡散型LV4の砲撃…とおおむねいつも通り。 これでもかと砲撃主体の性能である。 しかし今作にはという 忌むべきシステムが追加されており、 この武器との相性はかなりよろしくない。 過去作と同じようにバカスカ砲撃しているとあっという間にオーバーヒートし、 ただでさえ低い突き威力がさらに低下。 そして拡散型砲撃によってあっという間に斬れ味を消耗し、 砲撃も突きも使い物にならなくなる。 上位までの今作で拡散型LV4というのはそれなりに貴重なのだが、それにしたって使いづらすぎる。 ヒートゲージさえ存在しなければそれなりに戦えたろうに、どうにも立場が無いのは否めない。 炭鉱夫達は今日もこれを担いで火山へ出張するのだった…。 MHXX• 究極強化することで竹銃槍【タツオドシ】の名を取り戻す。 肝心の性能だが…• 究極強化とは名ばかりの 攻撃力290• アイデンティティを取り戻した 拡散型LV5• 同じくアイデンティティのスロット3• 斬れ味は素で 青50・匠2で 紫20が出現 なんと言うことでしょう! あの斬れ味の悪いことで有名だった竹銃槍が、匠の力で紫ゲージを獲得したのである!!• …とは言ったものの今作の拡散型LV5ガンランスは7本もある。 匠2をつけてなお期待値は下から数えた方が早く、使い道は絶無に等しい。 ならばスロ3で…と思うとが待ち構えている。 匠2で紫50が出現し、だめ押しとばかりに爆破属性50を持ち合わせる。 この武器の 製作難易度を除いた 完全上位互換であり、勝てる要素は一切存在しない。 とはいえ一応、この武器ならではの利点が無い訳ではなく、 砲撃レベルがHR解放前に拡散型LV5になるのは【タツオドシ】だけ。 ただ、砲撃主体運用をする場合でも、【タツオドシ】以外で唯一HR解放前に砲撃レベルがLV5になり、 鈍器を付けるだけで突き性能も十分かつ斬れ味のフォローも一切不要のがあるが。 ネタ武器としてでさえ砲モロコシと被っているため今作での影は非常に薄い。 「いつもの通りじゃん」とか言わない。

次の