ナレーター 収入。 在宅ナレーターのなり方は?初心者でも稼げるのか資格や副業収入と口コミも!

消える職業なくなる仕事?ナレーターの仕事の年収・やりがい・本音

ナレーター 収入

こんにちは!あさぎです。 最近のyoutubeは漫画動画やLINE会話風の動画が流行っており、チャンネル登録者数や再生回数からも、人気が高まっていることが分かります。 動画コンテンツの需要増から、その動画にセリフやナレーションを吹き込む「在宅ナレーター」の需要も増えてきています! ナレーターと言えば、本格的な声優さんがやるものだと思っていましたが、youtubeの動画チャンネルでは、初心者でもナレーターに応募することができるんですね! 在宅ナレーターは、家で仕事することができるので、新たな副業としても注目されています。 今回は、実際に在宅ナレーターに応募してみた私が、初心者でも副業できるのか体験談を通して書いてみました! 実際に仕事が受注できるクラウドソーシングのサイトも紹介していますので、ぜひ読んでみてくださいね! 目次• 在宅ナレーターはどんな仕事をするの? 在宅ナレーターは、依頼者からのイメージに合った声で原稿や台本を正確に読み上げ、家で録音するお仕事です。 現在はyoutubeの動画コンテンツのナレーションの需要が高まっています。 他にもアプリのキャラクターのナレーションや、ラジオ広告の声など、依頼者によって依頼は様々です。 ただ台本を読み上げるだけでなく、日本語の発音や、滑舌の良さ、喜怒哀楽の表現力などもナレーションは大切です。 仕事内容の一部をご紹介します!• 動画コンテンツのナレーション(10〜15分)4500〜5000文字• 漫画動画音声制作(30分程度)1500字程度• youtube広告(5分程) 例えばですが、これは「スカッとLINE」というyoutubeチャンネルですが、こういった動画に併せて、セリフを入れるお仕事です。 ナレーターのお仕事は、短時間〜30分とちょっと長めのものから、一人で二役こなす案件もあります。 今は、テレビではなくyoutubeのチャンネルで動画を楽しむ人が増えているので、在宅ナレーターの需要があるんですね! 在宅ナレーターのなり方は?初心者でも副業できる? 在宅ナレーターは、滑舌がよかったり、歌がうまい、など声に自信がある方なら、始めやすいのではないでしょうか。 声優さんにはなれないけど、声で話したり表現したりするのが楽しい!という方も興味がわきますよね。 結論から言うと、在宅ナレーターは初心者でも副業として始めることができます! 在宅ナレーターの仕事を探すにはクラウドワークスで! まずはインターネット上で業務を受注することができる、クラウドソーシングのサイトに登録をして、在宅ナレーションの案件に応募することになります。 クラウドソーシングのサイトは、CMでも有名なクラウドワークスがおすすめです! 在宅ナレーターの仕事は、経験者の方を優遇するクライアントも多いので、まずは未経験可の条件でお仕事を探していきます。 未経験可だと単価がとても低くなってしまう可能性がありますが、実績がないと単価アップの交渉もできないため、まずは応募してみるしかありません! 在宅ナレーターに必要な機材 在宅ナレーターに必要なグッズをみていきましょう。 未経験でもOK!としているクライアントの場合は、単価が低い場合があるので、その分機材や声の音質は求められない場合もあります。 レコーダーのアプリや音声編集ソフトなども無料あるので、応募条件をチェックしてみると何が必要か分かりますよ。 質のよい仕事を受けたい場合は、録音用のマイクや編集ソフトで音声を加工するなど、在宅ナレーター側で録音環境をそろえる必要があります。 その際に必要なものをご紹介します。 パソコン• マイク(コンデンサーマイク・ダイナミックマイク)• オーディオインターフェース• ヘッドフォン オーディオインターフェースとは、マイクの拾った音とパソコンをつなげる役割を果たす機材です。 マイクは、安いものから高いものまでありますが、これから在宅ナレーターを始めてみたい方のために、初期投資が安くすむマイクをご紹介しますね! マイクには、コンデンサーマイクとダイナミックマイクの2種類がありますが、割と雑音が入ってしまうような収録環境では、ダイナミックマイクが使いやすいです。 中でもオーディオテクニカ AT-X11は、3000円代でマイクケーブルがついてくるので、コスパがよくておすすめです! リンク 高い機材をそろえるのは、在宅ナレーターとして録音作業に慣れてきたころがベストだと思います。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 在宅ナレーターに資格はいる? 在宅ナレーターになるには資格は必要ありません。 資格よりも必要なのは、• 演技が好きなこと• 細かな修正、リテイクにも対応できるか などが大切です。 やはり、基本的に演技や表現することが好きでないと、責任を持って仕事こなすことが難しいと思います。 ナレーターに対して熱意がないと、最初は作業量に対して単価が低いので挫折してしまいがちです。 録音した声がイメージと違う時は、クライアントから修正が求められますので、相手の要望に応える、社会人としてのコミュニケーション能力も求められます。 在宅ナレーターの副業の収入は? 在宅ナレーターで副業したら収入はどの位もらえるのか調査してみました! 動画コンテンツのナレーションを継続して引き受けた場合は、月に30〜60本などたくさん仕事をもらうことができます。 youtubeの動画チャンネルは、更新頻度が高いほど人気が集まりやすいので、ナレーションも動画の更新頻度に併せて納品が必要です。 本数をこなせばまとまった収入を得ることができますが、初心者のうちは作品を納品するのに、練習や修正、編集作業など時間が思ったよりかかることもあります。 作業時間に見合った収入が得られるかは、個人のスキルによります。 今そんな 副業 あるのか!機材ひと通りあるしアナウンス検定2級も一応持ってるし、私もやってみようかなあ… これは面白そう。 積極的に何事にもチャレンジする姿勢は大事ですよね。 口コミから興味を持っている方が多いことが分かりました! 特に資格がいらないことや、在宅でもできるので、これから始めてみたい!という方増えそうな傾向です! しかし在宅ナレーターさんが増えすぎると、仕事の単価が下がってしまう可能性があります。 中には単価が低すぎるクライアントもいるので、実績を積んだら単価が高い仕事に応募する、単価アップの交渉が必須です。 副業で在宅ナレーターをするならクラウドワークスがおすすめ! 在宅ナレーターは初心者でも副業として始めることができます! 声で褒められらたことがある、演技をすることが好き、など当てはまることがある方が向いています。 在宅ナレーターに必要な資格はなく、表現力や社会人としての最低限のコミュニケーションスキルがあれば大丈夫です! 数をこなしていくことで実績ができ、経験が求められる単価が高い仕事にも応募できるようになりますよ。 仕事を探すには、インターネット上で業務のやりとりができる「クラウドワークス」がおすすめです。 「ナレーション」で仕事を検索すると、169件の仕事の依頼がありました!(2020年5月現在) ナレーションの仕事で未経験でもOKな案件は34件ありましたので、まずは在宅ナレーターのどんな仕事内容なのか調べてみると、イメージしやすいですよ! クラウドワークスは会員登録無料なので、ぜひチェックしてみてくださいね!.

次の

ナレーターの給料・年収

ナレーター 収入

ランクと単価 まず30分アニメの声優の仕事を、例に挙げたいと思います。 アニメ声優の場合は、 日本俳優連合によって定められたランクに従って収入が変動します。 新人の場合は15,000円から始まり、最高額は45,000円になります。 ランク適用外の方になれば、一本あたりの単価に上限はありません。 ここで重要なのは、台詞量などの違いでギャラが変動しない事です。 つまり一言でも話す機会があれば、ランクに応じてギャラを受け取れます。 そのため、新人声優の場合は主役やヒロイン役であっても15,000円からのスタートになり、事務所の取り分を差し引くと、手取りでは約10,000円ほどになります。 ですが、自分の知名度を上げるまたとない機会なので、オーディションを経て主役を射止めた際には、気合いを入れましょう。 ランクについてもう少し掘り下げると、基本的に経験年数とともに上がるとの事なので、実力は反映されていません。 なので、ランクに見合った実力も相応に身に付けていないと、競争から振り落とされてしまうという声優業界の厳しさが窺えます。

次の

声優の収入事情!給料と年収について

ナレーター 収入

ナレーターとは、テレビ番組やDVDコンテンツ、ラジオ局などで映像に合わせてナレーションをする専門職のことです。 ナレーターになるための資格は特になく、オーディションを通じて仕事を探す人も多いようです。 事務所に所属するか、フリーランスのナレーターとして働くことが一般的です。 ナレーターになるためには、ナレーター養成学校や声優育成の専門学校などに通うルートが一般的です。 最近では、ナレーター養成の通信教育なども始まっており、本業の片手間で、ナレーションの勉強をしている人も増えています。 仕事が歩合制になることが多いので、仕事量を確保するための営業活動が重要です。 人気のナレーターになると、テレビ番組にも引っ張りだこになり、収入も多くなりますが、仕事が獲得できなければ収入は厳しくなります。 ナレーターの仕事は、ナレーション(解説や語り)を入れることがメインです。 ドラマ、ドキュメンタリー、バラエティ、ニュース…とさまざまな番組で活躍していて、民放ではCMでのナレーションも行っています。 仕事の流れとしては、放送作家やディレクターが作成した台本を受け取るところから始まり、打ち合わせで番組の内容や収録の手順を確認した後にリハーサルや本番を行って実際にナレーションを入れる作業を行います。 生放送の場合は修正が効かない一発勝負になるので、入念な準備と打ち合わせが必要とされます。 その番組の雰囲気に合うような声のトーンや間の取り方を考えながら音声による演出を手掛けるのがナレーターの大事な使命です。 フリーランスで働いているナレータの場合、担当している仕事に合わせて柔軟にスケジュールを組みます。 テレビ番組の収録や企業のイベントでのナレーションなど、さまざまな業務をしています。 スムーズに進まないと、丸一日かかってしまうことも 18:30 一旦自宅に戻り、一息つきながら早めの夕食 20:00 スタジオに出向き、クライアント企業の映像作品に合わせたナレーションを収録 22:00 仕事が終了したら、自宅に戻って読書をしたり映画を観たりしながらナレーションの勉強をする 24:30 翌日のスケジュールを確認し、就寝.

次の