ベオルスカ。 【つくしあきひと】メイドインアビス 深界127層

【つくしあきひと】メイドインアビス 深界127層

ベオルスカ

「劇場版総集編 メイドインアビス」は、2017年07月から09月にかけて放送されたTVアニメ「メイドインアビス」の総集編映画です! TVアニメ全13話に新作カットを加えて再編集した作品で、【前編】 旅立ちの夜明けが2019年01月04日(金)に、【後編】 放浪する黄昏が2019年01月18日(金)に公開されました。 ストーリー 南ベオルスカの孤島で発見された不思議な大穴「アビス」。 どこまでも続く縦穴には、奇妙な生物たちが生息し、現生人類には造ることのできない貴重な「遺物」が数多く眠っている。 謎に満ちた「アビス」は人々を冒険へと駆り立て、「アビス」に挑戦する冒険者たちは、いつしか「探窟家」と呼ばれるようになっていった。 「アビス」の周縁に築かれた街「オース」の孤児院で暮らす「リコ」は、母親のような偉大な探窟家になることを夢見ていた。 そんなある日、リコは、アビスを探窟中に少年の姿をしたロボットを発見する・・・。 【Amazon限定版 全巻購入特典】• アニメ描き下ろしイラスト使用A3クリアポスター 【全巻購入特典】• アニメ描き下ろしイラスト使用A3布ポスター 【 限定版 全巻購入特典】• アニメ描き下ろしイラスト使用アクリルキーホルダー• アニメ描き下ろしイラスト使用B2タペストリー 【全巻購入特典】• アニメ描き下ろしイラスト使用B2タペストリー 【全巻購入特典】• アニメ描き下ろしイラスト使用B2タペストリー 【ソフマップ限定(前後編)セット】• アニメ描き下ろしイラスト使用B2タペストリー• アクリルスタンド.

次の

【メイドインアビス/マルルク】性別不問のかわいさを3つのポイントで紹介【メイドインアビス】

ベオルスカ

何度目かの訪問時にミーティを連れてきたって事はつまり、ナナチ達を誘拐する以前からですね。 縦線入った仮面を被っているボンドルドが正ボンドルドとして、他の者は祈手として振舞う俺ルールを設けているわけですね。 普段滅茶苦茶しよるくせにこういうとこはキッチリ。 その理由はプルシュカに刷り込ませる為とナナチが言ってたので信じますとも可愛いは正義なのだから。 で、お話読んで大分経ってからふと思い当たりましたけども…仮面で父と刷り込まれちゃうって事はつまり プルシュカはボンドルドの素顔を知らずに生きていたという事に。 一緒に暮らしながら素顔も知らないパパて怪しすぎるじゃろ… しかしそんな父に祝福をもらしたプルシュカの愛慕がとても悲しい。 同時にボンドルドにしてやられた感もありますけども…当の娘がもたらした結果ゆえ何も言えないモヤモヤ感…やっぱボ卿関連はメンタルズタズタにしてきよりますわ。 そうだ、笛だ。 ボンドルドの笛は 祈手全員が鳴らせると考えて良いですね。 中身ボンドルドだし。 あっ…これはゲス外道に対するバッシングで使えそうな予感。 通常であれば他人同士の魂の紋が一致する事で探窟家と命を響く石の関係が生まれるわけですが、すごくハードルが高いお話ですね。 俺の笛になってくれ!と言われたら死んでくれね?としか聞こえないしその時点で絶交ですわ。 ボンドルドの場合は ゾアホリックで自分自身を増やせる事。 命を響く石は無理強いして得られるものではないので、自分の手に入る可能性が極めて少ない事。 これらをヒントに一生懸命考えた結果、自分自身を供物に捧げるに至ったと。 恐らく複写された方でも試したのでしょうが、これはカートリッジと同様の理由で失敗。 仕方なくオリジナルが供物になったという流れですかな。 命の紋が一致って事は、祈手の元の人格はどうなってるんでしょうね? 不屈の花園で遭遇した祈手は5層の祈手とは違い、普通な感じだったので… 元の人格もゾアホリックに保存されてて、お出かけの時だけ元に戻すとかかな~? 状況に応じてその都度ボンドルドと入れ替えるとか。 プルシュカの回想で流暢に話していたグェイラの様子がレグの解剖時に変だったのも、ゾアホリックで 精神の入出力が自在であると考えればわからんでもない。 ゾアホリックの前にはオペレーター担当っぽい祈手も居ましたし。 どでかい特級遺物なのでそれくらい出来ても不思議ではないと思いたい。 それに、どんな強メンタルを持ってても ボンドルドと同居生活なんかしたらやられちゃいそうだもんな~ 近いとか濃厚接触どころの話じゃないよ想像するだけでエグいよ! 有効範囲外での活動時には元の人格が必要になるっぽいことや、 笛がボンドルドの紋にのみ反応する事を考えると、 ゾアホリックは精神の入れ替えが可能であると考えた方が精神衛生上お優しい。 ボンドルド関連はいろいろややこしくて、読んでも考えても未だにおもしろいのがすげーですわね。 元の記事を見直すと負荷が…負荷がすごいけど当然の如く祝福は有りません。 フワフワになりたい。 さて…シュレカカさんはかつて決死隊としてアビスにやって来た者の一人である事が51話、願いの形にて判明しました。 なにより大きいのはボンドルドならばやりかねないという僕の信頼感 と、いうわけでシュレカカさんは祈手が村で成れ果てた姿なのかも知れないなんて思ってます。 わりと強気な村人に対し、怖いと言わしめる所も怪しい。 村人はボンドルドが生み出した成れ果て達よりも生物として整った姿をしている。 それが人為的に行われた結果であるならば、自尊心が尊大過ぎるボンドルドは知らずにはいられないはず。 百聞は一見に如かずって事で祈手の体で村での成れ果てを実体験とかしかねないですよね。 恐らくはそれで得た知識をヒントにあの尻尾の体を作り上げたのではなかろうか? 成れ果てが再び祝福を得られるのかわからないんだけども。 恐らくベラフはかなりの代物を提示したはず。 それなのに応じなかった理由とはなんじゃろ? これは村に来た目的が 物ではなくて情報だったのなら納得できる。 ミーティは可愛いからだめっ!…ボンドルドはこの後ミーティを何度もすり潰したりしてるのでそれは無い… なので村へは情報を求めて来ており、ミーティが5層への帰還に必要であったから取引はお断りしたからと考えました。 実際に成れ果てる事で自身の目による情報収集が可能。 そして自分をいくらでも増やすことが出来るボンドルドにとって命なんて安いもの。 迷う理由は無いですね。 住人となれば村の様子を四六時中観察可能です、 都合の良い事に一人がさらにバラけた群体なので情報収集能力も桁違い。 欲に応じた姿を得られるというのならば… 危険視されていたゾアホリックを入手し使いこなす程に、ボンドルドの探求心は強い。 それこそ、体1つでは収まりきらない程の強さなのかも知れない。 そんなボンドルドの欲には…より多くを見、聞き、触れたいというものが含まれていると思う。 シュレカカさんが群体になった欲も同じと考えると、同一人物でもおかしくない。 ボンドルドが何度も村を訪問していたのは同期を取り情報収集する為だったのかも知れないし。 2000年周期での大異変について確信めいた知識を持っていた事もシュレカカさんの働きによるものなのかも知れない。 何よりシュレカカさんが元ボンドルドだと思う方が面白そう。 シュレカカボディがちょっとフワついてる事により、かつてのボンドルドの言葉に新たな意味合いが生まれるのです。 きっとナナチのフワフワが滅茶苦茶羨ましかったんだぜ… ナナチは可愛いですね(嫉妬 祈手の扱い そもそも一体 どんな利点があって 世界屈指のブラック探窟隊員な祈手になろうだなんて考えちゃうの? 身体を乗っ取られたり使い捨てにされたりとまぁ…兎に角 ボンドルドにとって都合が良すぎる存在ですよね。 祈手とは…ボンドルドの名声という罠に惹かれて近づいた結果、逃れられなくなった可哀そうな人達なんじゃなかろうか? そんなわけで祈手になる過程を妄想マシマシで考えた事が以下。 そうだ、白笛に弟子入りしよう。 探窟家であれば憧れの白笛を目指すのは当たり前…というわけでキャリアアップの為に現役の白笛の元で色々体験学習しようじゃないか!• 誰に弟子入りしよっかな! 殲滅卿は絶界行しちゃってるので候補者は4名。 神秘卿と先導卿は行方が知れず。 残るは不動卿と黎明卿なんだけど、オーゼンは監視基地の防人やってて探窟から離れている… うわぁ…黎明卿しかいないじゃん…どうしよう。 しばし葛藤する。 白笛としての技量をあげるならば現役の白笛に師事するのは必須なんだけど…黎明卿って良くない話が多いんだよなぁ… でも結果的に短期間でかなりの功績を残しているな…努力次第ではササっと技術を学んで独り立ちする事も出来るかも? 彼のやり方がこれからのスタンダードになるかもしれない。 なるほど、新しきボンドルドか。 なんだか有りな気がしてきたぞ… でも、実際に会ってみてから決める事にしよう。 接触 会ってみたら誰にでも敬語使っててかなり紳士的だった。 審査も無しに歓迎しますよとか言われちゃうし、アットホームな隊ですよとか言って黎明卿も積極的に入隊進めてくる。 隊の説明もしてくれたけど、遺物の力で自分も黎明卿と同じ知識や技量が得られるらしい。 それってもう白笛になったようなものじゃん! お礼に暫く手伝いしてから独り立ちすればいいだろう。 よーし、次代の白笛に、俺はなる! こんな感じで祈手候補生が集まってくるのではなかろうか…? で、 実態はどうなの? 恐らくはゾアホリックによる精神移植を受けるにあたっての心構えを 教育によって身に着けさせる。 この段階でヤバしと気付いても手遅れあり、教育とは名ばかりで対象者に自分を諦めさせる為の儀式みたいなものでしょう。 で、対象者がヤダヤダ言ってもとりあえず移植しちゃうんだと思う。 この辺はかつてミーティ達に対する実験についてボンドルドを咎めた正義の人を見るとなんとなく感じる所ですね。 他にも同じ服着てるっぽい人が居ますが。 同一人物としてこうなった過程を考えてみます。 この人にとってボンドルドの倫理観は受け入れ難いものに違いありません。 反りが合わないってやつです。 それなのに、自身の中にボンドルドをインストールされてしまった。 反抗的な人間に対して自身を植え付けるのは何故なのか考えると、予備の体を手に入れる為ですかね? 彼の精神を消し去り、完全に肉体を乗っ取る事が出来れば目標達成。 ボンドルドは肉体を乗っ取ろうと常時執拗な攻撃を繰り返すに違いない。 これに抵抗するのは常人には無理。 最後の抵抗として奴が潜むであろう脳髄を破壊した結果、皆一様に頭部を損傷した姿になったのでは。 自分に 逆らう者は最終的に 始末しちゃうボンドルド像がチラり。 では、教育を受け入れた人はどうか? ちゃんと個性を持った祈手がそうなのでしょう。 不屈の花園に現れた祈手や、プルシュカのお世話係をしていたグェイラは自分の意思で行動してますね。 このように自我の存在が許されている者が居るという事は、意外とホワイトなの…? ゾアホリックの仕様が好きなタイミングで意識を移す物なのか、植えつけるだけなのか不明ですが。 とりあえず植え付ける方で考えてみますと、自我のある時点ではまだ精神を植え付けられていないとも考えられますね。 カッショウガシラのコロニーでの様子を、祈手が全員ボンドルドって事を知ってから見直すと中の人達は大変そう。 植えつけられた時点で自我消滅って事でしょうか… 不屈の花園の祈手の今は居ないという発言は… 本来であれば颯爽とボンドルドが植え付けられて登場する所なんだけど、層を跨いでるからできない。 というわけでの今は居ない発言って事にでもしときましょう。 洗脳完了後に精神を移植された時点で祈手は漏れなく詰んでいる…というより終わってますね祈手。 名声と功績で釣って、洗脳し、精神の移植後は予備としてキープ。 肉体の利便性を優先して、そうでもない体はあっさりと使い捨てるという扱い。 祈手には全然良い事が無いというか…奴隷のようなものではないかしら? 本来仲間と言うべき祈手の状況を見ても滲み出るろくでなし感…流石ですね。 準備は整いました。 という発言から色々考える 妄想の材料はこちら。 毎度考えつつ書き込んでるのでまとまりのないろくでなし仕様にございます。 祝福を得て成れ果てとなったボンドルドの、準備は整いましたという発言。 ヴエコさんの回想にて、祭壇に居た成れ果てが上昇しても死んでいなそうな事。 上記の内容から単純に考えるとアビスの どこに居ても負荷が6層レベルの強さになってしまうのかなと思いました。 なにやら絶望的な図を載せた記憶がありますが、あれは見なかった事にしてほしい。 当時の人間が移動する船をのんびり眺めていたとも考えられないので、結構 急激な移動だったのかも? 穴に向かってモリモリ地殻変動だなんて死人が出ちゃうレベル。 もし生き残ってもそこは6層レベルの負荷の中であり、上昇負荷を受けたら成れ果てるか死という状況。 人のまま死にたいという願いが、大量のお祈りガイコツを生み出したのかも知れませんね。 これが 定期的に起こる大きな異変と考えると、この時の成れ果て化も特別仕様なんて事が有るかも。 新たな種を生み出す為に、とも考えられそう。 かつてオースに居たレグというワンコ。 あれってオースから外の世界の生態系が我々の現実世界に準ずる的な意味を持つのでは? それと比較するとアビスの生き物は大分かけ離れちゃってるので、もしかしたら現在アビスに生息する生物って元はかつての住人だったりするのかな~なんて考えも浮かびます。 ボンドルドが祝福に拘ったのは 人間性の保持って所でしょうね。 通常の成れ果てでは知識の出力が不可能っぽいので是が非でも祝福を得なければならなかったと。 因みにプルシュカにはゾアホリックであちこちに自分が存在する事を秘密にしてましたよねぇ。 その後一度死んでまた復活という茶番を見せて、元祈手をボンドルドと認識する事で娘に対してまるで物のように 完成と言っちゃう所には愛情なんて見当たらないのですが。 ボンドルドが最初からそうする為にプルシュカを育てていたというのはこの辺から感じますよねぇ。 プルシュカの祝福がボンドルドの思惑通りって所がくやしいのぅ! さて…アビスに異変が起きるというならば、収まるまで遠くの国に避難でもしとけばいいのではなかろうか? 後でゆっくり好きなだけ調査すれば良いのだし。 南海ベオルスカから極北の地セレニまで行けば確実に安全なんじゃ…と思うのですが。 可能性として有りそうなのが…異変が起きるのは アビスだけじゃないかもって事ですがどうかなぁ… お祈りガイコツは6000年前の物まで発見されてるんですよね。 という事はアビスも6000年まえから有ったんですよねぇ… なのに発見されたのは今から約1900年前。 2000年周期の異変に対する準備が出来る…って事は色々わかってるはず。 誕生日に死ぬ奇病に関しても知ってそう。 しかしジルオがオーゼンを訪ねるあたり、ボンドルドはオースに情報は与えて無さそうですね。 ボンドルドはそのレアな光景を自分の目で見てみたいが為に情報を秘匿。 オースの人々はアビスから離れていれば安全かも知れないけど、それだとちゃんとした異変が見られないから教えないとか有りそう。 ジルオのオーゼンへの頼み事がボンドルドを訪ねるので同行して欲しいって事だとしたら…いつかボンドルドから異変の詳細が語られるかも知れませんね。 レグとの最終戦を見るとモヤモヤするのはなんでじゃろ? 毎度この部分はさささっと読み進めちゃうんですが、モヤモヤの原因を解明すべくちょいと考えてみました。 恐らく、ボンドルドがこの姿になった時点で色々考えられちゃう所がいけない。 意訳すると、 そんな事気にしてる場合じゃないでしょ?って事でしょうか。 裏を返せば「 プルシュカを消耗させたのはお前でしょ?」という意味にも受け取れます。 さらにはこの姿ですよ。 愛慕が無ければ祝福は得られない。 と、いう事はカートリッジにされても尚プルシュカはボンドルドを想っていたという事。 それって…この場面に「 お前らの出る幕ではない。 すっこんでろ」という意味合いまで付与されちゃいますよねぇ… この一級の煽りがレグ達のみならず、同じ感情を抱いた読者ペケジローにも襲い掛かる秀逸さ。 で、この後の準備は整いましたやら、共に夜明けを見届けましょう発言ですよ。 目的達成したからもういいやって感じのノリと思うと、してやられた感がものすごい。 ぐぎぎぎぎ。 その後レグさんは娘をカートリッジにしていいわけ無いだろとブチ切れで戦闘再開となるわけですが… レグは恐らくこの場面の発言に秘められた皮肉はわかってない。 言葉通りに受け取ってからの、娘をカートリッジにしちゃうなんて…とんでもねぇ奴だ!許せねぇ!というド直球な怒り。 しかしナナチは色々察してそう。 激オコレグさんの言葉に威勢の良いお返事をしつつも、ボンドルドが祝福を得た事実に何かを感じている様子。 こんな風に読んでますが、モヤモヤしちゃう一番の理由はボンドルドが祝福を得ているって所かなぁ。 娘の命を切り捨てるという常軌を逸した行いはどう考えても許しがたい。 しかしカートリッジに詰められたプルシュカ自身がボンドルドへ変わらぬ愛慕を捧げているんですね。 それがあのモフモフを見れば一目瞭然であるがゆえに、僕らもナナチも実は彼女の事に関しては攻めたり詰る事が出来ないんですよねぇ… でも、やっぱり腹立つじゃない? もうなんなのこの状況(怒 という事で毎度モヤモヤっとしちゃうんでしょうねぇ… 最後まで読んでいただき有り難うございます!.

次の

メイドインアビス(漫画)のあらすじとネタバレ!アニメの原作漫画・読んだ感想も!

ベオルスカ

大穴には 魔力があった その魔力が 人々を捕らえて離さないのである 大穴の底を 見た者は まだ 誰もいない 概説 による漫画作品。 にて連載中。 WEB上では本編(掲載期間限定、単行本発売と同時に単行本にある話は削除)と、幕間「ハウアーユードコカ」を見ることができる。 絵本のように繊細でかわいらしい絵柄と、それからは想像のつかないが特徴。 冒険の舞台である未開の大自然・アビスの神秘と美しさ、そして現実の自然さながらの冷徹さが余すことなく描かれていて、ファンタジー冒険作品ながら現実のごときリアリティをもつ作品となっている。 も下手なホラー作品よりしっかり描写され、例えどれだけ強かろうと、また同情の余地や愛顧の深い人物だろうと、主要人物であったとしても、アビスの洗礼が情け容赦なく平等に襲い掛かってくる。 登場人物も大半が常軌を逸した性質を何かしら抱えており、誰も彼もが一癖も二癖もあるキャラクターに仕上がっている。 特には本作の闇の体現者であり、近年稀に見る「の権化」としての側面を有している。 よってジャンルとしては、紛れもないの部類といえる。 の世界を舞台にした作品ではあるが、本作には治癒や転移を始めとする魔法、アビス内に棲まう生物およびそこから現れる遺物を除いてオーバーテクノロジーなものが一切登場せず、作中の道具は原始的な構造の機械が大半を占めている。 細部まで綿密に練られた設定も魅力の一つであり、巻頭巻末や単行本中には登場した(未登場のものがひっそり載っていることも)生物や道具が資料として掲載されている。 昨今ありがちな「チート補正ありきの気ままな冒険活劇」とは真逆の、 「どんなに弱かろうと知恵と心力で逆境を超えていく成長物語」であり、昔ながらのコツコツとした準備と創意工夫を要するゲーム好きな人は間違いなくハマるタイプの作風となっている。 また作中にはさりげなく、表紙裏には堂々と差し込まれるな描写も特徴。 本作を機に、に目覚めてしまった大きなお友達も少なくない……かも、しれない。 ストーリー 人類最後の秘境と呼ばれる、未だ底知れぬ巨大な縦穴「アビス」。 その大穴の縁に作られた街には、アビスの探検を担う「」達が暮らしていた。 彼らは命がけの危険と引き換えに、日々の糧や超常の「遺物」、そして未知へのロマンを求め、今日も奈落に挑み続けている。 主人公のリコは孤児院で暮らす探窟家見習い。 アビスへの憧れが人一倍強い彼女は、母のような偉大な探窟家になることを夢見ていた。 ある日の探窟で、リコは謎の存在に生命の危機を救われる。 その何者かが放った熱線の跡を辿ると、そこには少年そっくりのロボットが倒れており…。 登場人物 CV: 本作の主人公。 記憶喪失のロボットであり、出自の手がかりを探すためにリコと共にアビスの底を目指す。 詳細は個別ページを参照。 アビスの「とある場所」にいる謎の生き物。 「成れ果ての姫」とも呼ばれている。 マアアさん アビスの深層で出会った、成れ果てらしき存在。 かわいい物が好きらしいという事以外の多くが謎に包まれているが、登場してすぐにそのつぶらな瞳となんとなく卑猥な右腕、 無闇に汚いケツで読者の心をガッチリ掴む。 「まああ」以外に喋らない 喋れない? ため名前は不明。 仮称として「マアアさん」or「まああさん」等と呼ばれる。 用語 アビス 約1900年前に南海ベオルスカの孤島で発見された、直径約1000メートル、深さ推定20000メートル超の巨大な縦穴。 人類最後の秘境とされている。 アビスの中には地上からの観測を妨げる謎の力場が存在し、未だに底はわかっていないが、中には独自の生態系、また様々な遺物が眠っており、日々探窟家達が探窟を続けている。 後述の上昇負荷の危険性から探窟家はランク付けされ、それぞれに深度制限が設けられている。 アビスは上昇負荷の重さによって大きく七つの「深界層」と「極点 アビスの底 」に分けられている。 「アビスの呪い」や、単に「呪い」とも呼ばれる。 アビス内で上昇する際に必ず発生する謎の症状。 10m程度上方向へ移動すると発生するため、アビス内では坂や階段を上るだけでも命がけになり、帰還も容易ではない。 - 深界一層 アビスの淵 海面下1350mまで。 上昇負荷は軽い目眩と吐き気。 比較的安全で、呪いも軽いが、それでも下層から危険な生物が上がってくることが有り油断は禁物。 目ぼしい遺物は取りつくされてしまっており、この層で取れる遺物に期待はできない。 ここで採れる遺物の多くは、より下層で採れる遺物に比べて卵型に近い形状をしたものが多い。 - 深界二層 誘いの森 1350~2600m。 上昇負荷は重い吐き気と頭痛、末端の痺れ。 あたりは森林で覆われており、ある場所からねずみ返しのようになり、木々が逆さまから生える「逆さ森」に到達する。 逆さ森付近は気流が不安定。 そこを真っ直ぐ行くとアビスの端にたどり着き、そこには「監視基地 シーカーキャンプ 」が設けられている。 アビス全体から見ればまだまだ浅い部分では有るが、それでも赤笛が無許可で進入すれば自殺と見なされるほどに危険。 - 深界三層 大断層 2600~7000m。 上昇負荷は二層の症状に加え、平衡感覚の異常・幻覚や幻聴。 まっすぐに大きな縦穴が貫く断崖絶壁になっていて、強者の巣になっている反面、子供が入れる程度の小さな横穴には、比較的おとなしい動物が生息している。 横穴は巣になっており、そこを降りて行くと、四層まで降りることが出来る。 - 深界四層 巨人の盃 7000~12000m。 上昇負荷は全身に走る激痛と、穴という穴からの流血。 この層からは、呪いそのものが生命を直接脅かし始めるようになり、子供であれば即座に命取りになることすら有ると言われる。 群生するダイラカズラという800mを超える巨大な植物が盃のような形をしており、かつ補食器から出る液体があふれているため、このような名になった。 特殊な力場の影響で空間は青みがかっており、非常に湿度が高い。 - 深界五層 なきがらの海 12000~13000m。 上昇負荷は全感覚の喪失と、それに伴う意識混濁、自傷行為。 「自傷」というのは精神的負荷による物ではなく、感覚喪失と意識混濁により制御がきかなくなり、ちょっとした動作でも体を損傷するほどに力を入れてしまう、ということ。 少し顔に手をやったつもりが皮膚を裂いてしまい、軽く歯を食いしばっただけで歯を割ることになる。 ここまで来れるのは、かつては白笛の探窟家のみで、現在でも黒笛以上の必要が有る。 人間として地上へ生還可能な深度の限界であり、実際に帰ってきたものも数えるほどしかいない。 水で覆われており、さらに下に行こうと思えば泳ぐか、滝を下らければならない。 水底に粘度の高い水があり、それが上部の水を支えている。 ここには「前線基地(イドフロント)」と呼ばれる関所のような施設が存在し、その中にあるエレベーター状の設備を利用すれば安全に下層に降りることができる。 - 深界六層 還らずの都 13000~15500m。 上昇負荷は人間性の喪失 =異形生物への変異と人間としての自我の消失 もしくは死。 六層からの上昇負荷によって異形と化した者は「成れ果て」と呼ばれる。 この層までの降下は、もはや人として生きて戻る事が事実上不可能となる為「絶界行 ラストダイブ 」と呼ばれる。 また、成れ果てたちの為の村「イルぶる」が存在している。 - 深界七層 最果ての渦 15500~????? 上昇負荷は確実な死。 詳細は不明だが、いくつかの白笛によって、リング状の謎の光の目撃例が存在する様子。 - 深界極点 奈落の底 推定20000m以上。 アビスの最深部。 詳細不明。 探窟家 アビスに潜る冒険家達の総称。 オースの組合に所属する探窟家は首から笛を下げており、仲間同士での救援要請などに使用する。 また首から下げる笛の色でランク付けもされており、ランクごとに潜れる深さの制限「限界深度」が設けられている。 探窟家としてまだ認められていない鈴付きから始まり、見習いの赤笛 一層まで 、一人前の蒼笛 二層まで 、師範代の月笛 四層まで 、達人の黒笛 五層まで 、英雄の白笛 無制限 となっている。 白笛(アイテム) 作中世界における英雄達「白笛」のみが持つアイテム。 デザインが一律の量産品である赤笛、蒼笛、月笛、黒笛とは違い、この白笛だけは色こそ同じ白だが、持ち主によって異なるデザインをしているオーダーメイド品。 素材には二級遺物「命を響く石(ユアワース)」が用いられており、それぞれが異なった「命の紋」を有するために持ち主以外は使用できず、偽造も不可能な仕様になっている。 後述する遺物の中には、この白笛を起動キーとして要するものもある。 遺物 アビスの中だけで発見される人工物の総称。 それぞれが不可思議な性質を持つ。 価値に応じたランクがあり、四級~一級、特級遺物に分類される。 低級の遺物も海外では高値で取引され、特級遺物ともなると、国同士のバランスにすら影響を与える。 それ以上に希少な歴史的遺物は「奈落の至宝 オーバード 」と呼ばれるが、その存在が公にされることはなく、半ば都市伝説的な代物として語られる。 なお、発見して持ち帰るのはあくまで探窟家であるため、秘匿あるいは略奪によって世に出回ることなく個人所有される遺物もある。 テレビアニメ として、、、、、、、およびで放送。 アニメーション制作は。 全13話。 最終13話に関しては 1時間スペシャルとして放送された。 原作が原作だけに、アニメ化発表当時はファンの大半が喜ぶのと同時 もしくは先 に 「地上波で流して大丈夫なのか?」と真剣に心配した。 それは原作者の氏すら同じだったようで、インタビューではアニメ化の話が来た時は「5分アニメかな?」と勘違いし、30分1クールで作ると聞くと 「正気か?!」と思ったと語っている。 しかし実際に放送されると、 いい意味で 度し難いまでに描き込まれた美術、メイドインアビスの世界観を彩る美麗な音楽、原作再現どころか補完まできっちりする話運び、そして声優陣の熱演が合わさり、多くのファンから歓喜と共に迎えられるアニメ化となった。 国内だけでなく海外でもアニメ愛好家に大きな反響があり、世界最大級のアニメ配信サイト「Crunchyroll」で行われた2017年アニメ・オブ・ザ・イヤーでは最優秀作品賞と最優秀劇伴賞に選ばれている。 本編以外でも、最終回(13話)以外は。 2017年11月26日に行われたイベント「Deep in アビス」にて、続編の制作が発表された。 2019年1月には、総集編映画として前編「メイドインアビス 旅立ちの夜明け」、後編「メイドインアビス 放浪する黄昏」が公開される。 そして総集編映画の前編公開に合わせ、2019年1月4日に新作エピソードのタイトルが 「劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明」であると発表され、大勢のファンがアニメで見たいと願っていた「あの」のエピソードが劇場のスクリーンで描かれることが確定した。 2020年1月17日公開予定。 2019年にはにおいてアニメ版OPが収録、MVも同時収録となる。 2019年9月には前述の劇場版公開が2020年1月と発表、それに合わせて再放送も実施される事になった。 放送局はTOKYOMXとBS11。 2020年にはの日にを放送した実績があるABEMA]が( )に放送する。 ちなみには。 さぁ、共に夜明けを見届けましょう 関連動画 関連項目 外部リンク 関連記事 親記事.

次の