エホバ の 証人 公式。 エホバの証人はどんな宗教? しつこい勧誘へのベストな対処法とは?

エホバの証人が輸血拒否する本当の理由

エホバ の 証人 公式

エホバの証人は、キリスト教系異端の新興宗教団体であり、その熱心な布教活動や、輸血拒否などでよく知られています。 日本国内において、信者数の増加に最も勢いがあったのは、1990年代後半までのことであり、彼らに対する対策が盛んに議論されたのも、丁度同じくらいの時期まででした。 以降、国内の信者数の増加は止まりましたが、活動自体に勢いがなくなったわけではありません。 今日でも、約20万人にも及ぶエホバの証人が、ものみの塔の教えを真面目に信じ、多大な犠牲を払って、活発な宣教活動を展開しています。 そのため、家庭や職場、訪問伝道などを通して彼らに接し、「エホバの証人について、どのように考えるべきか?また、どのように対応するべきか?」と考えたことのある人は、決して少なくは無いはずです。 エホバの証人については語るべきことが多くありますが、本記事から始まる一連のシリーズでは、彼らについて知るべき幅広いテーマを簡潔に伝え、その疑問の答えを提供していきます。 一通りを読み終えるなら、エホバの証人の全体像を知ると共に、彼らをどう理解すべきかについて、ある程度正確な答えを得ることができるでしょう。 エホバの証人の実態と、彼らへの対処方法を知りたいと願うすべての人にとって、本記事が役立つものとなれば幸いです。 しかし、ほとんどの信者は、組織による情報統制があるため、それらの不都合な真実について把握することができていません。 ものみの塔協会(以下、「協会」「ものみの塔」とも略す)は、キリスト教系の新興宗教団体です。 全世界、およそ240の国や地域で活動しており、信者数は約800万人に上ります。 世界本部は米国ニューヨーク州ウォーウィックにあり、日本支部は海老名にあります。 創設者は、「チャールズ・テイズ・ラッセル」という人物であり、彼が1870年代にアメリカのペンシルバニア州で始めた聖書クラスが、その歴史の始まりだと言われています。 彼は、1878年にキリストの目には見えない「臨在」が始まり、1914年までにハルマゲドンが来る、と予言しました。 また、三位一体や霊魂不滅・地獄の教えを「偽り」であるとし、これらの教えを説くキリスト教世界全体を否定しました。 そして、今日に至るまで、エホバの証人はその立場を一貫して主張し続けてきました。 エホバの証人(以下、「JW」とも略す)は、自分たちの組織が「神の霊に導かれる唯一の組織」だと信じていますが、輸血拒否などに代表される多くの独特な教理を持っているため、正統派のキリスト教からは「異端」として認定されています。 また、教団の指導者たちの絶対的権威や情報統制などの特徴があることから、社会的にはマインドコントロールを用いるカルト団体としても認知されています。 重要な点として、大部分の信者は、「ものみの塔」という組織の巧みなマインドコントロールを受けている被害者だという事実があります。 そのため、ものみの塔という「組織」と、エホバの証人という「信者」を分けて考える視点が必要です。 実際に、一部の過激なカルト教団とは異なり、多くの信者は争いを好まず、誠実な人柄であることが特徴です。 エホバの証人は、聖書研究と伝道活動に熱心であり、その活発さは他の多くのキリスト教系の団体を上回ります。 集会は、毎週二回定期的に行われ、予習を必要とする討議形式の聖書研究や、伝道のための実際的な訓練が欠かさず行われています。 また、毎月の聖書研究や伝道に用いられる「ものみの塔誌」は、発行部数・翻訳言語数において世界第一位であり、毎月4200万部、190以上の言語数に上ります。 信仰上の重要な特徴は複数ありますが、強いていえば、次のような点に要約することができるでしょう。 現代は、聖書で預言されていた「終わりの日」であり、エホバ神とキリストが任命された唯一の組織(ものみの塔)に忠実に従い続けるならば、やがて来る大患難とそれに続くハルマゲドンを生きて通過し、楽園となる地上で永遠に生きることができる。 そのため多くのエホバの証人は、人々を楽園での永遠の命へ導くため、また自身の救いのため、世界中で活発な伝道活動を日々展開しています。 記事一覧:エホバの証人とは?•

次の

エホバの証人 王国会館 危険な場所?

エホバ の 証人 公式

報告と経験 寄付と資金の運用 音声・動画コンテンツ ウェブサイトjw. org わたしたちの公式ウェブサイト www. orgには,クリスチャンの生活,会衆の活動,野外宣教に役立つさまざまなコンテンツがあります。 各種の記事,研究資料,音楽,ビデオが掲載されています。 また,エホバの証人の出版物の電子版を閲覧したりダウンロードしたりできます。 JW Broadcasting<ブロードキャスティング>はインターネット上のテレビ局で, tv. orgで番組を視聴できます。 励みとなるマンスリープログラムをはじめ,ビデオ,音楽,特別なイベントの録画をストリーミングによりコンピューターやスマートフォンでいつでも視聴できます。 「ものみの塔 オンライン・ライブラリー」のアドレスは wol. orgです。 エホバの証人の出版物のこの電子図書館は500以上の言語で利用できます。

次の

エホバの証人の公式サイトで見つけました

エホバ の 証人 公式

エホバの証人のお葬式をまとめると• 葬儀は故人や遺族の意思で行う場合もある• 出席する服は一般的な喪服で問題なし• 香典は基本的に必要ない• 信者以外でも参列可能 こんにちは、葬儀屋2年目葬太郎です。 突然ですが、もしあなたの親族や友人が、あまり馴染みのない宗教を信仰していると、どのように出席したらよいかわからない事ってありますよね。 今回は 「エホバの証人」のお葬式のリアルについてお話します。 ネット上にはいろんな価値観の方がいるので、 私が検索した限りでは間違っていると思われる情報や意見も散見さ れていました。 そこで私は本当に友人、知人などがエホバの証人の方でお葬式に出席したいと思っているが情報がなくて悩んでいるという方のために、出来るだけ正確な情報を提供したいと思い今回まとめてみることにしました。 私のお話しする内容は、エホバの証人の公式サイト「」で調べた情報と、直接エホバの証人の方とお話させてもらった情報と、私の勤めるお葬式屋さんで実際に執り行った例からになります。 公式サイト・エホバの証人・勤務先の葬儀屋という3種類の視点からの情報ですので確度は高いと思います。 ただ、もしかしたらここでも地域性や葬儀屋ごとの多少の違いはあるかもしれませんのでご了承をお願いしますね。 では、エホバの証人はどんな宗教?という点はwikipediaや他のサイトにお任せするとして、私は、 お葬式の部分が実際はこうですよ。 という部分だけお話していきますね。 エホバの証人のお葬式はどこでするの? まず、お葬式の場所ですが、公式サイトを調べてみると 場所: 葬式を行なうことに決めたなら,王国会館,葬儀場,個人の家,火葬場,墓地など,どこでも遺族が選ぶ場所で行なうことができます。 となっています。 実際に 私の勤める葬儀屋でも極々稀にですが、エホバの証人の方が葬儀を行うことがあります。 ただ、年間で行う葬儀の内、0. 1%程度しかありません 公式サイトを見ても、いわゆる お葬式 エホバの証人的には「追悼式」と呼ばれる、遺族を慰めるための式 は行っても行わなくても良さそうですので、葬儀屋で葬儀を行うのは稀なのだと思います。 基本的にエホバの証人のお葬式は集会所 王国会館 で行う エホバの証人の方にお話を聞いた限りでは、エホバの証人の集会所 王国会館 で行うことが多いですよ。 と言っていました。 ですので、どちらかというと、追悼式は エホバの証人の集会所 王国会館 で行われるのが一般的なようです。 こちらは信者以外の方でも出席可能なようです。 集会所 王国会館 、葬儀屋以外の場所では ちなみに、先ほどの引用で「個人の家、火葬場、墓地など」と記載されていました。 個人の家でお葬式をするというのは、あなたも「うん、まぁやる人もいるよね。 」と理解できると思うのですが、火葬場や墓地というのは聞きなれないですよね。 実は一部の火葬場でも行うことは出来ます たぶん、簡単なお別れのようなものになるとは思います 実際に、私の先輩は火葬場で無宗教式でしたがやったことがあるという事でした。 墓地でというのは埋葬時に行うお別れに近いものだと思います。 エホバの証人のお葬式は、どんな服で出席すればいいの? 一般的な喪服で大丈夫 「エホバの証人のお葬式に出席することになったら、どんな服を着ていけばいいの?」 ちなみにエホバの証人の方は喪服を着用しません。 ですので、「エホバの証人の人は喪服を着ないけど私はどうすればいいんだろう…」と、あまり情報がない故に悩んでしまう所ですよね。 私の勤めるお葬式屋さんで、信者の方以外で実際に来た方は、ごく 普通の喪服でした。 それで特に問題がある雰囲気でもありませんでしたし、その後のクレームや、喪家様のご要望も特に無かったので、常識的な喪服なら問題ないと思います。 装飾や持ち物に関して アクセサリー類も常識的な範囲内でなら問題ないと思います。 ちなみにアクセサリー類はお葬式の時は• 2連になっているネックレス等は着けない• ネックレスは真珠、もしくは一部宝石 オニキスなど• 和服の時は結婚指輪のみ• ピアスは揺れる大振りなものは避ける• 結婚指輪に光る宝石が付いている場合、宝石面を下にする。 これらに気をつけていれば大丈夫です。 数珠やロザリオなどは必要がないので持っていかなくても大丈夫です。 エホバの証人のお葬式に香典って必要? エホバの証人は分類上キリスト教になりますが、 基本的にお花料 仏式の香典にあたる物 は受け取らないようです。 ただ、親族や故人と近しい仲だった方などでどうしてもお渡ししたい場合は、一般的なキリスト教で用いる香典袋 十字架が印刷されているもの ではなく、 無地の白封筒で名前だけ記載してお渡しすると良いようでした。 また、基本的に受け取らないことが前提なので所謂 香典返しもありません。 お渡しする際は注意してくださいね。 エホバの証人のお葬式に出席したらどうすればいい? エホバの証人のお葬式は、基本的に火葬が済んでいる状態でのお葬式になります。 仏式のお葬式でも先火葬で骨葬というのがあります。 ですがエホバの証人の場合は、お骨も遺影も御棺も基本的にありません。 少なくとも私が知っているお葬式ではありませんでした その代わりに、生前の写真をいくつか飾るようです。 お焼香もありませんし、特に何かをするということもありません。 基本的には、一般的にキリスト教で神父、牧師にあたる方が聖書からいくつかお話をされ、所謂賛美歌のような歌を歌って終了という場合が多いようです。 エホバの証人は、お葬式は 故人の為というより遺された方たちの悲しみを癒すために行うものというスタンスのようです。 私の勤める葬儀屋でも、先に火葬を済ませ、遺影、お骨もなしの状態で生前のスナップ写真を飾った上での式でした。 また、通夜振る舞いのようなお酒、料理を出して近しい人たちで飲み食いするということも無いようです。 馴染みのないお葬式に出席するときは エホバの証人のお葬式に出席する際は、上に書いたような事を注意すれば大丈夫です。 一部ではいろいろ記載されているようですが、実際は一般的なお葬式と比べると、異なることが多いですが特に問題になるようなこともありませんでした。 基本的に「葬式に関する自分たちの信条を他の人に押しつけない。 」という事ですので他のお葬式に出席する際の一般的な常識を守っていれば問題ないと思います。 注意すべき点は、 香典に関してと焼香が無い事くらいで、後は一般的な常識を持って参列すれば問題ありません。 馴染みのない宗教のお葬式に参列する際は、出席する側も構えてしまいますが、これだけ知っていれば大丈夫だと思います。 他にもあまり馴染みのない宗教のお葬式について知りたいあなたはも合わせて読んでみて下さい。 また、わからない事があれば、葬儀屋に聞いていただければ、喪家様のご要望を予め伺っているのでお答えできると思います。 追記 実際にエホバの証人の方のお葬式が入ったので、第二弾を書きました。 あなたが参列する際の参考になれば幸いです。

次の